ベトナム

バッチャン村へは路線バスで行く。なんと片道7,000VND(35円)安い!!

ハノイに行ったら必ず行こうと決めていたのがバッチャン村です。食器棚にお皿が入らなくなり、最近ではすっかり焼きもの熱が冷めましたが、備前焼きや有田焼きもずい分集めました。今回は小物で何か良い物があれば持ち帰ろうと、バッチャン村へ向かいます。

バッチャン村への行き方

ハノイ郊外にあるバッチャン村へ行く4種の方法をご紹介します。

ツアーで行く

自分が泊まっているホテルまで、迎えに来てくれますので楽ちんです。バッチャン村だけのツアーだと半日観光で最安2,500円位からです。JTBさんやHISさんでもツアーがあります。

代表的なツアースケジュールです。

9:00頃/13:00頃 ホテル又は指定の集合場所へお迎え
10~11:00/14~15:00 バッチャン村観光(バッチャン焼き製作を見学、土産物屋などにご案内します。)
12:30頃/16:30頃 ホテル着。解散となります。
11:30~12:30頃 【午前発昼食付きの場合】ベトナム料理の昼食へご案内します。※午後発昼食付きプランは12:00頃のご集合となります。
13:00頃 ホテル到着。解散となります。

タクシーで行く

行きのタクシーは良いですが、帰りのタクシーは見つけにくいと思います。バッチャン村を歩いていても流しのタクシーは、ほとんど見掛けませんでした。

wakuo
wakuo
カフェやレストランでも車、呼んでくれるんじゃない?
dokiko
dokiko
お皿購入したお店とかね。ただ、実際のところは経験してないんで不明です。dokiko的には帰りはGrabがお勧めです。

Grabで行く

これはwifi環境が無いと難しいのですがお勧めです。自分が今いる場所から行きたい場所へ、ピンポイントで運んでくれますし、乗る前に大体の乗車賃の目安が分かります。料金面でのトラブルを良く聞くタクシーと違い、安心です。

dokiko
dokiko
帰りの足としては特にお勧めです。dokikoも帰りはGrabを利用しました。

利用方法などは別記事でご紹介します。

バスで行く

今回、dokikoが選んだのは、最安の路線バスです。

バッチャン村へのバスは、ロンビエンバスターミナルから出ています。こちらでバスに乗ってしまえばバッチャン村は終点ですので、現地路線バスの初心者でも簡単に辿り着ける事が出来ます。今回かかった時間は35分でした。

dokiko
dokiko
夕方以降、暗くなってからは、治安に問題があるとの情報があります。スリや置き引きに気を付けて持ち物は肌身離さずお持ち下さい。

ロンビエンバスターミナルへのアクセス

目指すバス停は、E3.2です。47A bát tràng の表示があるのを確認しましょう。

47番は行き先が2つあるみたいですね。47A bát tràng を目指して間違えず乗って下さい。

バス停からは何路線か出ていますので、来たバスの番号を必ず確認して下さいね。

乗車

バスが来たら、乗り込みましょう。とにかくまずは、座席を探して座っちゃって下さい。結構、運転が荒いです。

dokiko
dokiko
この時のバスには、日本人が3組ほど乗っていました。路線バスを使ってバッチャン村へ行くというのは、マイナーな方法だと思っていましたが、今ではポピュラーになっているんですね。

バスに乗って暫くすると、車掌さんが乗車賃を回収しにやって来ます。お支払いをすると47Aの乗車チケットをくれます。7,000VND(35円)!安いです。その国に公共機関の公共の乗り物に乗るとその国の物価が分かりますよね。

短い時間ですが、ロンビエンバスターミナルから、バッチャン村へ向かうバスの車内を録画してきました。

バッチャン村到着

バッチャン村に着きました。

バスの離発着は、ここからですので、帰りはこちらに戻ってきて下さい。バッチャン村への行きは路線バスがお勧めです。車窓から見る街並みは、ハノイの市内とはまた違います。短いですが、路線バスの旅を楽しめますよ。

帰りは、Grabがどの場所にいても車に乗り込めますのでお勧めです。Grabuの利用方法については、又、別記事にてご紹介しますね。

バッチャン村アクセス

バスの発着場所です。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。