旅ドキ!

ヘビーリピーターがお勧めする絶対はずさないバリ土産BEST10その4【バリコピ&コピルアック】

ガムランボール、アタ製品、バティックと工芸品を中心に紹介してきましたが、今回はバリコピ、バリコーヒーです。

バリコピ(バリコーヒー)

コーヒー豆の産地としてインドネシアは有名ですが、バリ島でも勿論、栽培されています。以前泊まったココバリバリさんでは、コーヒーハンターとしてお仕事をされているご夫婦と一緒になりました。

キンタマーニだったか、ブドゥグルだったかの麓で栽培、焙煎しているとの事。100%バリ産のコーヒーですね。

焙煎前の珈琲豆

炒る前の珈琲豆は、このように白っぽいのです。生豆は、この時初めて見ました。

焙煎後の珈琲豆

焙煎すると、このようにいつも見慣れた珈琲豆の色になります。テカテカと油分が浮き出て黒光りしていました。いいかほり。

せっかくですので、この方が焙煎したコーヒー豆を購入してきました。

アラビカ種のコーヒー豆です。インドネシアでは、その他ロブスタ種などが栽培されています。

バリコピの飲み方

日本でコーヒーを飲む時は、フィルターにコーヒー豆を入れ濾して飲みますよね。バリでは、コーヒー豆の粉を直接カップに入れて撹拌し沈殿するのを待って飲みます。

日本でブラックコーヒーを好んでも、バリでは砂糖とミルクをたっぷり入れた方が美味しいね、という人もいます。豆の引き方も、かなり細かくて、日本に持って帰った後、フィルターを使うと泥状になり、なかなかコーヒーが落ちていきません。

dokiko
dokiko
コーヒーハンターの方が作ってくれた豆は違いますが、以前からバリコピには、コーヒー豆の他にトウモロコシの粉末を入れていると言われています。粉末が細かいのは、それも関係しているのかな。dokikoは、結構好きですけどね、バリコピ。

コピルアック

最近、スーパーでも良く見掛けるようになったコーヒーです。以前、TV番組で1杯5,000円と紹介されていました。

コピルアックって何?

コピ → コーヒー

ルアック → ジャコウネコ

ジャコウネコがコーヒー豆を食べるとその実の部分は消化されますが、豆の部分は未消化で出てきます。その排出物をキレイにしたものがコピルアックです。

初めて聞いた時は、美味しい美味しくないより、その製造工程にドン引きしました。ですが、調べてみれば、ジャコウネコは、その分泌物が香水の元になる程、貴重な動物のようです。

dokiko
dokiko
シャネルの№5とかね。
wakuo
wakuo
媚薬にもなるらしいよ。

その特殊な腸内消化酵素の働きや、腸内細菌により体内発酵する為、独特な香りが豆につくようです。出来たばかりのものは、ブランデーのようなほのかな香りが漂っているそうなんですが、私が手にした時は既に、そこまで芳醇な香りはしませんでした。

ま、コーヒーは焙煎した途端に劣化が始まるようですから、お土産用に売っているものは、既に飛んじゃっているんでしょうね、香りは。焙煎時に出る炭酸ガスと共に香りが抜けてしまうというのは、コーヒーハンター川島良彰さんのお話で知りました。

あわせて読みたい
【吉祥寺】ミカフェートで超絶フルーティーなコーヒーを試すBS日テレ 久米書店 溜まりに溜まったTV録画を整理する為に内容をチェックしていたのに、又、番組を見始めてしまうという経験は皆さんご経...

幻なの?バリのスーパーで良く見掛けるけど・・・

そうなんです。10年程前はバリでも手に入れるのが困難でした。最近は、あっちこっちのスーパーで、何ならコンビニでも置いてあったりします。

元々は「インドネシアのスマトラ島パンダアチェに生息する野生のルアックが、完熟したコーヒーチェリーを食べて排出したものだった」から高かったんですね。人間も苺狩りに行くと美味しそうなものから食べますもんね。

美味しい完熟コーヒーチェリーを野生のルアックが食べて、体内腸菌で香り高い豆が出来る。そうなんです、幻と言われていたのは、野生のルアックだった頃のお話。

ジャックニコルソン&モーガンフリーマン主演の「最高の人生の見つけ方」や 小林聡美さん主演の「カモメ食道」にも出てくる程、高級なコーヒーの代名詞となれば、どうにか量産出来ないかと考えあぐねるのが人間です。

dokiko
dokiko
今、出回っているものはおそらく養殖されたものであろうと思われます。どこまでを養殖というかは、微妙なところですが、これ程出回っていれば、間違いないでしょう。

ルアックに会ってみたい

カーチャーター時

スマトラ島に行かなくても、ルアックには会えますよ。カーチャーターなどで、キンタマーニ高原などに行く時にドライバーさんにお願いしてみて下さい。

公園のようになっているコーヒー専門店があるのですが、そこに行くとルアックが飼われています。行くと、無料試飲用のコーヒーがズラッと並びますので気に入ったものがあれば購入して下さい。

コピルアックもありますが有料で確か50,000rpだったかと。

ウブド、モンキーフォレスト裏のカフェ

実は、もっと楽ちんに街中でも会えます。私が見たのはウブドのモンキーフォレスト裏口から出て直ぐのカフェ。

撫でられる個体もいます。噛みつく個体もいるようですので、スタッフに声をかけてから触って下さいね。

dokiko
dokiko
しかし、ルアックは夜行性。こんな昼間に起こしておいて客寄せパンダならぬ、客寄せルアックにして良いのだろうかと思いながらも、あまりのキュートさに引き寄せられてしまいました。

ここでも、ルアックコーヒー、飲めます。50,000rpです。(50Kというのが50,000rpという事です)

ルアックを愛でつつ、その排出物で作ったコーヒーを飲む。

チョッと複雑。味や香りより、そっちのシチュエーションの方が気になっちゃって、記憶が曖昧です。写真の右上、お猿さんがいますね。囲いの向こうはモンキーフォレスト園内です。

アザラシかと思うほどの気の抜き様。まぁ夜行性ですから。

コピルアック以外の飲み物もありますので、ルアック触らせて貰った後にはお茶頂いて下さいね。

マニアにはコピルアック、普通の方にはバリコピ

マニアの方や、映画好きの方にはコピルアック。映画好きの方には「あの最高の人生の過ごし方カモメ食道に出てたコピルアックよ」と一言添えて。チョッと、お値段高めですから価値の分かる方でないと差し上げてもつまらない。

普通のコーヒー好きには、アラビカ種を選べば喜んで貰えるかと思いますよ。

予算に合わせてコーヒーのお土産を選んで下さいね。

あわせて読みたい
ヘビーリピーターがお勧めする絶対はずさないバリ土産BEST10 その5【おいしいお菓子】バリには、日本で見掛けないお菓子もたくさんあります。美味しそう!と思って口にすると・・・だったり、期待せず口に放り込んだら、ビックリする...
ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。