-レストラン

【Locavore To Go】まさか、バリ島ウブドでエイジングビーフが食べられる日が来ようとは!

友人の勧めで、向かったのは、Locavore To Go。いつもフルブッキングで入れないRestaurant Locavoreの姉妹店です。

Locavore → 地元産の食品だけを食べる人

いわゆる地産地消という事でしょうね。

お店に入ってビックリしたのは、隣に併設されたお肉やさん。ただのお肉やさんかと思ったら、エイジングビーフ(熟成肉)がおいてあるんです!

ただものじゃないね、やっぱりLocavore。まさかバリのウブドでエイジングビーフが食べられる日が来るとは思わなんだ。

Locavore To Go 店内

クーラー入って、ファンも回ってるんですが

店の入り口、開けっ放しなので、座る位置によって凄く暑いです。

店内はスタイリッシュな作りです。

カニさんやあひるさん

豚さんの絵が店内には描かれています。

という事は、夜はカニも出るんですかね。

ベンチに引かれたファーは本物。中身を食べながら、外身に座る。シュールな状況に、チョッと引きます。

Locavore To Go メニュー

 

東京並みのお値段です。メニュー数が少ないのは午前中だったからかな。

Locavore To Goで オーダーしたのは

バーガー類が美味しそうだったのですが、朝食時に立ち寄りましたので、dokikoは、こちら。

ジュース オブ ザ デイ。マンゴにストロベリー、レモングラスとミントが添えられています。この組み合わせですので、間違いはありません。美味しいです。

wakuoはこちら。

BURGER À RAYと、ホットコーヒー。インドネシア国旗が立てられています。

ナイフで切ったハンバーガーの断面です。とても美味しいそう。中はミディアムレアになってますね。

いかした店内に、何故か動く金ピカ猫招き。

このお店で凄いなぁと思ったのは、看板が地元食材でエイジングビーフの方に力が入っている事。

dokiko
dokiko
という事は、エイジングビーフもバリ島のお牛さんなんでしょうか。

今回のウブド滞在は短かく再訪できませんでしたが、次回は夜にエイジングビーフ、試してみたいです。

Locavore To Go レシート

お勘定はこちら。

税金が10%はいいとして、サービス料が7.5%ね。トータルで185,653rp。2019年9月現在、日本円で1,400円チョイです。

dokiko
dokiko
フレッシュジュースとホットコーヒーが同じ値段て、さすがに南国バリよね~。
wakuo
wakuo
こちらでは無料でお水が出て来ますので、バーガー類召し上がる時は、無理に飲み物頼まなくて大丈夫ですよ。

Locavore To Go アクセス

ウブドに行ったら、皆さん、1度は向かうであろう、お土産屋さんが連なるデウィシタ通りの端の方にあります。営業時間などの店舗詳細は下記のグーグルマップからどうぞ。

今回、dokikoはハンバーガーを食しませんでしたが、wakuoはとても美味しいと言っていました。wakuoは焼肉食べにいってもカルビのみで、内臓、牛タンはおろか、ロースもNG。みすじも真ん中、筋の入った部分を残すという偏食おじさん。

Locavore To Goは、本当に美味しいんだと思います。

Let’s try!
ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。