国分寺

【国分寺】本格的なインド料理AMAN KITCHEN(アマンキッチン)ミールスやレモンライスの他にも金曜日限定ランチでビリヤニがある!

最近はインド料理屋さんが街中にいっぱい出来て、各駅毎に最低1店舗はあるんじゃないかというくらいの栄えよう。dokikoの若かりし頃はインド料理屋さんって少なかったです。銀座の街で初めて焼き立てナンを口にして感動、六本木のモティでラムのキーマカレーの美味しさを知り感動、一時期ハマってました。

インド料理屋さんが日本の街並みに溶け込んで来ると同時に、以前の感動が薄れてきているような気がします。それは、日本人の舌に合わせるようスパイスを減らしたり、辛さを調節したりしているのも原因の1つでしょう。

そうすると何と言えばいんでしょうか、インド料理と銘打ってはいても、ビュッフェのカレーのように万人向けでインパクトの無いものが増えているような気がするんですよね。ビュッフェのカレーも美味しいんですが、専門店に行く時は求めているものが違います。

以前は、スパイスも辛さもパンチが効いた本格派、一口食べれば好きか嫌いかハッキリ分かれるようなものが多くて、それでもインド料理屋さんが少なかったので、本場仕込みの味に引かれたお客さんで賑わっていました。

dokiko
dokiko
ですがランチだと500円程度で食べられるお店もあるほど日本に馴染んだインド料理屋さんの現状は幸せな事だと思わなければいけないのかもしれませんね。

最近では、あまりインド料理を外食に選ぶ事も無くなってしまっていたのですが、国分寺にあるAMAN KITCHENさんのメニューにビリヤニを発見。しかも金曜限定ランチで、なんと900円!

ビリヤニ、知ってます?簡単に言うとインド風炊き込みご飯なんですが、日本の炊き込みご飯みたいなもんだと思って食べるとビックリすると思います。スパイスがふんだんに使われていて、パラッとしていて好き嫌いがハッキリ分かれるお味だと思います。ですが、作るのが面倒くさい、手間と時間がかかるんで、なんちゃってビリヤニも多いお料理なんです。

AMAN KITCHEN(アマンキッチン)入口

この2階にお店はあります。周りの風景とも相まってチョッと引きますよね。ですが大丈夫。12時前ですが、店内にはお客さんが既にいましたよ。表にはランチメニューも飾られていますので、心配な方はこちらでご覧になってからどうぞ。

AMAN KITCHEN(アマンキッチン)店内

12時になると満席です。皆さん、美味しいお店は良く知ってるよね。

ランチメニュー

A シングルカレーセット 750円

1種類のカレー ナン or ライス

B トリプルカレーセット 850円

3種のカレー ナン or ライス

C ランチミールス 1,200円

1種のカレー ナンorバトゥーラ ライス

ポーリヤル

サンバル

ラッサム

パパド

ピクルス

トマトチャツネ

E タンドールセット 1,080円

2種のカレー ナンorライス

タンドリーチキン

F アマンセット 1,200円

2種のカレー ナン&ライス

G ビリヤニランチ 900円(金曜日限定)

MIXビリヤニ

1種のカレー

レモンライスセット 1,200円(数量限定)

ジャスミン米を使い、スパイスとナッツが入ったさっぱりしたレモンライス

カレー2種

チーズナンセット 1,200円

チーズナン

2種のカレー

単品

サンバル、ラッサム、ワンカレー

各100円

ランチビール、ランチワイン

各250円

今回は金曜日限定Gセット、ビリヤニランチを頂きます。ミニカレーが付いてきますので、チキン、ダル(豆)、卵など4種類から1品選びましょう。ドリンクも付いてきます。こちらは、チャイ(Hot or Ice)ラッシー、コーヒー(Hot or Ice)ウーロン茶から選びます。

オーダーを済ますと程なく、サラダと飲みものが届きました。dokikoは、今回ラッシーです。

サラダを食べ終わる頃にビリヤニと、ミニチキンカレーがやってきました。

銅製の器で保温された状態でビリヤニがやってきました。お米の色が所々で違う。う~ん、見るからに本格的です。インド風炊き込みご飯と言ってはいますが、実は予め蒸した長いお米と具とスパイスを何層かに分けて入れ炊き上げた手間のかかるご飯料理は、所々お米の色が違っているのが本格的に作っている証拠らしいです。

右上のアチャールは「今日は玉ねぎですよ」とご説明頂きました。このアチャールは酸味を感じず甘いものでしたが、とても美味しかったです。

器は、U字型というより逆Ω(オメガ)型。見た目よりも大量のビリヤニが入ってました。女性だと適量は多分、この器の半分。そこで1度スプーンが止まりました。

でもね、凄いんですよ。お米を食べているというより、そのパラパラ感はパスタに近く、スパイスもタップリで炊き込みご飯とは程遠いです。本場インドでビリヤニ食した事が無いのですが、今年のGWはバンガロールに行く予定ですので、しっかり本場のビリヤニ経験してこようと思います。

チキンのミニカレーも美味しいです。辛さは無いので激辛好きには物足りないかもしれません。オーダー時にカレーの辛さを聞いて下さいね。

dokiko
dokiko
その後、久し振りにインド料理づいて何回か立て続けにランチに伺ったのですが、どれも全く辛くない・・・。辛いのが苦手なdokikoでも全く辛くない。ディナーに伺って少し辛めのものも試してみたいと思います。

こちらのビリヤニを食べるとインド料理は薬膳料理だというのは本当だなぁと思います。本格インド料理を召し上がってみたい方は、お店のルックスに負けずに2階への階段を上がってみて下さい。覗き込んでいるとお店のスタッフが「どうぞ!」と声を掛けて下さいますよ。

AMAN KITCHEN(アマンキッチン)

住所

東京都国分寺市南町3-13-10 2階

電話番号

042-320-2237

営業時間

ランチ 11:30~15:00
ディナー 17:30~22:00

日曜営業、月曜定休

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。