ペット

【ウロコインコのお喋り】ウロコインコのナナがコチョコチョ言い出した!

ウロコインコのナナは育つにしたがって、クチバシだけでなく、その脚力の強さが目立ってきました。指に止まっている時の力が半端なく強い、いや、痛い。ましてやケージに入れようとしている時は、気配を察して更に強くつかむ。

nana
nana
ぎゅ~っとね。
dokiko
dokiko
指に穴が空くくらい痛いです。

無理に指から足を離そうとしても、尖った爪が更に指に食い込み流血沙汰になる事も。そんな時、編み出したのがコチョコチョ攻撃でした。

ウロコインコがコチョコチョ言い出した

きっかけ

その日もウロコインコのナナは、wakuoの指をギューッとつかんで離しませんでした。食い込む爪先、叫ぶwakuo。

wakuo
wakuo
痛い、痛い、痛い!どうにかしてくれ!!
dokiko
dokiko
自分でどうにかしてくれよ・・・

と思いつつ、しようがなくナナを引き剥がしにかかるも

nana
nana
ギューッとね♪更にぎゅー
wakuo
wakuo
痛い、痛い!早く早く!!

う~ん、困った。そうだ、北風と太陽だ!!押してダメなら引いてみな。引きはがせないなら、くすぐっちゃえ!

くすぐってみた

dokiko
dokiko
コチョコチョコチョコチョ!

と、お腹の辺りをくすぐってみました。チョッとひるんだ隙に脇腹を更にコチョコチョ攻撃です。

dokiko
dokiko
コチョコチョコチョコチョ

するとどうでしょう。それまで頑なに足を離そうとしなかったナナが

nana
nana
やめてよ

言ったんです。本当に言ったんです。空耳かと思いましたが、wakuoも聞いていました。この頃、噛み癖もひどくて

dokiko
dokiko
やめてよ

とナナに年中言っていたんですが、まさかナナから言われるとは(笑)

楽しそうにやめてよ!と言った後は、それまでの頑くなな態度と打って変わりwakuoの掌に背中を預けて両足を離したんです。元々お腹を出して寝ていたような子なんで、ひっくり帰る事に全く抵抗はないようなんですが、まさかこんなにうまくいくとは(笑)

初コチョコチョのその後

その後もコチョコチョ攻撃を続けて遊んでいました。そうしたらある日、窓の外を見ながら言っていたんです。

nana
nana
コチョコチョコチョコチョ

ナナちゃん。気に入ったのね(笑)その後は遊んでいて興奮してくると・・・。

 

そんな楽しい日々が続いていたたある日、ナナだけならずルビまでも・・・。。。

続く(笑)

ABOUT ME
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。