旅ドキ!

【羽田空港国際線ターミナル手荷物検査前】大人も子供も楽しめるアミューズメントと化していた

今回のクアラルンプール旅行は、シンガポール経由でした。深夜羽田を発って、早朝シンガポールに降り立ち、チャンギ空港の隣に新しく建設されたばかりのJEWELで1日過ごし、クアラルンプールへ向かう、という旅程です。

あわせて読みたい
【レインヴォルテックス】シンガポール、チャンギ空港に隣接したJEWEL(ジュエル)RAIN VORTEX人工滝は夢を見るように美しかったこの為だけにジュエル内のヨーテルエアに宿泊したと言っても過言ではありません。朝昼夜と全く違った表情に変化していく人工滝レインヴォルテック...

いつもはwakuoと一緒ですが、今回はクアラルンプール空港で友人と落ち合う予定です。クアラルンプール着までは、気楽な1人旅。せっかくなら、羽田空港も遊び尽くしちゃおう!

羽田空港国際線ターミナル出発ロビー

3階の出発ロビーでチェックインし、スーツケースを預け身軽になったら、4階に上がりましょう。

空港に着いて出発ロビーに立つと、たくさんの人でざわめいています。何回そのざわめきを聞いても、旅に向かう高揚感でワクワクドキドキしてきます。

羽田空港国際線ターミナルには、江戸情緒あふれる飲食店街があった

3階の出発ロビーを1つ上がった4階に上がると江戸情緒あふれる飲食店街が広がっています。

江戸総鎮守・神田明神の色彩をイメージした赤い柱の「江戸舞台」を中心に構え「江戸櫓」がそびえる「江戸小路」。ここは、十八代目 中村勘三郎氏が監修した江戸時代の芝居小屋をはじめ、全て本物の無垢材を使い、手カンナ等で仕上げる従来の日本式工法で数寄屋建築の名匠・中村外二工務店が追求した江戸建築の巧みがあります。また、聚落土塀や江戸黒と呼ばれた黒漆喰壁など、本物の伝統と技の真髄が集められています。

東京国際空港ターミナル株式会社HPより

日本の宝だったともいえる勘三郎さんは、こんな所にも足跡を残していたのですね。この江戸舞台を中心に江戸小路は広がっています。

ぶらぶらするだけでも、その佇まいに心奪われますが、入っているお店も美味し所ばかり。

江戸小路飲食店と名付けられた両脇に並んでいるお店は名店揃い。グリル満点星、せたが屋、つきじ宮川本廛(テイクアウトのみ)、くしの坊、銀座 おぐ羅、つるとんたん(いつも長蛇の列です)、焼き肉チャンピオン、など聞いてるだけでもワクワクしますでしょ。モスカフェや吉野家などの気軽に入れるお店もありますよ。

レストラン店舗詳細

飲食店街の他にも、伊東屋、金子眼鏡店、面白てぃしゃつ屋、Air Bic Camera 、Visit Japanお土産コンテスト受賞商品を中心にした品揃えのEdoイベント館、江戸時代から現代にいたる日本を代表する和・洋菓子を取り揃えたEdo食賓館(時代館)など、海外からの観光客は勿論、日本人も知らなかった品物に出会えます。

江戸小路ショップ

焼き肉チャンピオン。

グリル満点星。

いっつも行列、つるとんたん。

吉野家さんは、中心から外れた端の端、マップの左端にあります。

こちらでは、羽田空港限定、和牛牛重があります。1,500円という値段に、チョイ引きますが、他では味わえないという事で以前、食した事があります。勿論、美味しゅうございましたが、いつもの牛丼でいいかな、と思いました。

dokiko
dokiko
羽田限定だと思っていたら、後、もう一か所、和牛牛重が頂けるお店があるようです。何処だと思います?国会議事堂敷地内ですって。

吉野家さんの向かって右方向を眺めるとエレベーターが見えます。

展望デッキの他にはねだ日本橋の表示が。なんでしょう。エレベーターで5階に上がってみましょう。

羽田空港国際線ターミナルには、日本橋があった!?

エレベーターの扉が開くと・・・はねだ日本橋に着きます。

下の写真の丸で囲った矢印の部分ですね。これは出発フロアの3階から見上げてます。

J、Kカウンターの後ろ側です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「はねだ日本橋」は、旅への架け橋としての象徴。吉野産の総檜造りで、幅・長さとも当時の日本橋のおよそ半分のサイズで復元されています。かつて旅の起点であった「日本橋」は、江戸の中心にある橋として当時の人々に愛された橋でした。現代の空の旅の出発点として是非お渡りいただき、これまでとはひと味違った旅の始まりを感じてください。壁面の「江戸図屏風」は国立歴史民俗博物館所蔵のレプリカ。江戸の名所を取り上げ、その賑わいの様子を陶板壁画に表現しています。

東京国際空港株式会社HPより

吉野産の総ヒノキ造りって、凄いですよね。

ここまで、上がってくる方はあまりおらず、空いてます。

橋の下を眺めると各航空会社のチェックインカウンターが並んでいます。橋を進みましょう。

赤い緋毛氈と番傘が江戸情緒を掻き立てます。なかなかいい、写真スポットですよ。

この日は閉まってましたが、お茶屋さんのような風情のお店がありました。お団子とお茶なんて出して頂いて向かいで、下の出発ロビーを眺めながら、旅を始まりを寿ぐなんてのも良いんですけどね。出してくれないかしら。

江戸当時の賑わいの様子をうつした華やかな陶板壁画。

羽田日本橋パンフレット

日本橋を渡って更に進むとこんな案内表示があります。矢印に沿って進んでみましょう。

長い廊下は、TIAT Sky Roadと名付けられています。

壁面には各航空会社飛行機のミニチュアモデルが並んでいます。これから乗る飛行機を探しながら先に進みます。

これを抜けると・・・。

羽田空港国際線ターミナルには、ゲーセンがあった

ミニコックピットが出現!

奥から、1号、2号、3号、4号と並んでいます。1号機は上級者向けで、10歳未満は利用出来ないようです。2~4号機は、共通のコースが入っていると表示されています。(東京遊覧フライト、ニューヨーク⇒羽田、ホノルル⇒羽田)

この1号機だったら大人でも遊べそうです。

フライトシュミレーターコース

料金の写真を撮り忘れてしまったのですが、確か300円くらいだったかと思います。電車でGO!、飛行機版ですね。平日は空いてましたよ。

この先にはキティちゃんのお店。

又その先には展望デッキがあり、EXPASA Cafe 羽田もあります。こちらには結構人がいて離発着する飛行機を眺めながら、皆さんそれぞれの時間を過ごしていらっしゃいました。

羽田空港国際線ターミナルには、ポップカルチャーを意識したTOKYO POP TOWNがあった

TOKYO POP TOWNには、クールゾーンとホットゾーンがあります。

こちらのクールゾーンには、ドンキホーテ(SORADONKI)や、リラクゼーションスペース ラフィネ、ポケモンスタンド(日英中韓4カ国、24時間対応)など。

ホットゾーンには、先ほどのキティちゃんや博品館が入ってます。

TOKYO POP TOWN

そしてこのクールゾーンの奥にPLANETARIUM Starry Cafe(プラネタリウム スターリーカフェ)があります。

羽田空港国際線ターミナルには、プラネタリウムがあった

今回とても楽しみにしていたプラネタリウムカフェ。思っていたのとは違いましたが、とても楽しめました。

大人は勿論ですが、子供がいるご家族に特にお勧めしたいプラネタリウムカフェです。

あわせて読みたい
【スターリーカフェ】羽田空港国際線ターミナルにあるプラネタリウムのメニュー&上映内容気楽なクアラルンプールまで1人旅の前に、羽田空港も思いっ切り楽しもうと、国際線ターミナルにあるプラネタリウムカフェにやってきました。 ...

羽田空港国際線ターミナルは、大人も子供も楽しめるアミューズメントパークだった

羽田空港国内線を利用する時でも、早目に来て国際線ターミナルを回って見るのも楽しいかもしれません。空港内は連絡バスが回っています。こちらから連絡バスの詳細はご覧いただけます。

あわせて読みたい
羽田空港国内線JALはターミナル1、ANAはターミナル2、その他SKY、SFJ、ADO、SNAは?何回、旅に出掛けても覚えられないのが、利用航空会社のターミナル。取り敢えず   JAL ⇒ 羽田空港国内線ターミナル1 ...

飛行機に乗る予定が無くても、羽田空港は楽しめます。お子様の夏休みに合わせて、ご家族で、夜景と飛行機の離発着を見にデートに、この夏は羽田空港を利用してみて下さいね。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。