ロカボ

国分寺のモスバーガーで、29日限定にくにくバーガーを食べてみた

モスの菜摘野菜を食べた際、店内ポスターで目に留まったのが、毎月29日限定「にくにくバーガー」。

モスHPより

知ってましたけどね。全部、肉ってフィフティーズには、ちょっとね、と以前はスルーしておりました。ですが、ゆるゆるロカボを始めて気になるのは糖質。このにくにくバーガーは、なんと、お肉てんこ盛りで糖質15.1!

dokiko
dokiko
モスのHPの栄養成分情報から炭水化物16.3g-食物繊維1.2g=糖質15.1を出しました。

これは試さざるを得ないでしょうと、29日限定日当日、モスバーガーに行ってまいりました。

モス国分寺店

モス国分寺店はファーストフードのお店らしからず、とても居心地がいいです。特に2階の窓際カウンター席は、見晴らしも良く、空いていたらいつもこちらに座ります。

国分寺駅の南口が見え、車が行きかうのを眺めながら時間を過ごすのが好きです。そして、こちらのお店にはウォーターサーバーが備え付けられています。

モスバーガー全てのお店ではありませんが、ファーストフードのお店では珍しいですよね。サーバー以外にピッチャーが置いてあるお店もあり、お客様の事を考えているんだなぁと思います。

dokiko
dokiko
バーガー類を頼む時は飲みもの欲しくなりますよね。まぁ、頼めばお水くれたりもしますが、やっぱりコーラなりウーロン茶なりを頼んでしまいます。ですが、国分寺店でしたら気兼ねなく自分でお水を何回も汲めますので、喉が渇く夏場は特に重宝します。

モスにくにくバーガー

モス国分寺店は、1階で注文、2階に上がって食事をする仕様になっています。2階に上がると広いフロアが広がっていますので、そちらで頂きましょう。今回は、にくにくバーガー&サラダを注文しました。

なんだか、色んなもんが入り過ぎちゃって、現物だと良く分からないですね。もう1度、モスのホームページから写真をお借りしましょう。

モスHPより

実際にオーダーすると、こんなにキレイに断面は見えません。写真ですと、上から順にハンバーガーパティ、グリーンリーフ、焼肉、レタス、直火焼きチキン、グリーンリーフ、ハンバーガーパティと、4段の肉パレードの間に野菜が挟まってます。

元々厚みがあるので食べにくい上、レタスやグリーンリーフが挟まっている事により地滑りを起こし、更に食べにくくなっています。

1番濃い味が焼肉で、パティとチキンは味が薄いです。ギュッと手に持ち、ガブリと噛みつくと、パティに押されて焼き肉が飛び出してきます。気が付けば焼肉部分を完食。後は味の薄いパティとチキンが残りました。

ここで一緒に頼んだサラダが活躍。下にたまったドレッシングをたっぷり付けた千切りキャベツと一緒に口に入れます。うん、味が付いて美味しい。

dokiko
dokiko
これはサラダが無かったら、きつかったな。

にくにくバーガー値段

単品で850円です。サラダを入れるとトータルで、税込1,130円。う~ん、ちょっと高いよね。1,130円あれば、ちゃんとした定食食べられます。

やっぱりモスでは、菜摘&サイドメニューがお手頃でいいかな。国分寺店だとウォーターサーバーもありますしね。お近くにお寄りの際は、居心地の良いモス国分寺店に行ってみて下さいね。

モス国分寺店詳細

アクセス

東京都国分寺市南町3丁目16-7

JR中央線 国分寺駅下車 南口を出て正面

営業時間

午前7:00~午後11:00

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。