ベトナム

ハノイ大聖堂は英語でセントジョゼフ大教会(St. Joseph’s Cathedral)と言います

やはり、ここは外せないでしょう。パリのノートルダム寺院を手本として建てられたハノイ大聖堂、セントジョゼフ大教会です。

ハノイ大聖堂(St. Joseph’s Cathedral)セントジョゼフ大教会

フランス植民地時代の1886年に建造。20世紀初頭に高さ31.5メートルの二つの鐘楼が建てられ、ネオゴシック様式に改築された。ベネチア製のステンドグラスが有名。ベトナム人の殉教聖者アンデレ=ズンラックの像などがある。

コトバンクより

混み合う時間帯を避け、朝いちで行きましたので、ゆっくり回れました。

dokiko
dokiko
ネオゴシック調って、ちょっと怖いのよね。見方を変えれば威風堂々なんですけど。ヨーロッパの教会と違って空気が濃密に感じないなぁと思ったら、まだ百数十年しか経ってないというのを後で調べて知りました。

ハノイ大聖堂(St. Joseph’s Cathedral)セントジョゼフ大教会 入口

教会に向かって右に進むと門がありますので、そこから入りましょう。

直ぐに教会脇の入口が見えて来ます。

入口には注意事項が羅列されています。ベトナム語、英語の他にイラストが添えられていますので、分かりやすいですね。フラッシュはNGですが、写真は大丈夫なようですね。良かった。

ハノイ大聖堂(St. Joseph’s Cathedral)セントジョゼフ大教会内

真っ白な壁に高い天井は、すっきりとしたフォルムで美しいです。

教会の中では、信者の方が熱心にお祈りしていました。

配慮して、そっと回りましょう。

ステンドグラスも美しい。

教会内の像や成り立ちについて詳しく知りたい方は、ハノイ歴史散歩研究会(ハノイ歴史散策クラブ)さんのHPが秀逸ですよ。

ハノイ大聖堂(St. Joseph’s Cathedral)セントジョゼフ大教会 外周

教会前では結婚式を終えた後でしょうか。カップルが写真撮影をしています。

レインボーフラッグをバッグにこちらも結婚のセレモニーでしょうね。おみ足、キレイです。皆さん、おめでとうございます。幸せに!

教会の鐘の音を少しだけこちらで聞いて頂けます。

ハノイに来たら、ここは外せません。ハノイ大聖堂(St. Joseph’s Cathedral)セントジョゼフ大教会のご紹介でした。

ハノイ大教会 アクセス

解放時間など詳しくは下記グーグルマップをクリックしてみて下さいね。

 

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。