映画

【映画ボヘミアンラプソディ】圧巻のライブエイドは応援上映で盛り上がろう!東京実施映画館

LIVE AID

友人はフレディおっかけでした。日本ツアーも各地を回り、イギリスへも何回渡英したかわかりません。その彼女が開口一番言いました。

突っ込みどころ満載よ

数え上げればキリがないほど、事実と異なっている事があるそうです。

そう怒りながらも、既に13回目のボヘミアンラプソディに突入。放映終了まで、自らの記録を伸ばし続けると鼻息荒く話していました。この事こそが既にエンターティメントとしてのボヘミアンラプソディが大成功している証でしょう。

クィーン全盛期に、リアルタイムで聞いていたdokikoも遅ればせながら、先週やっとボヘミアンラプソディをみてきました。

・・・圧巻のライブシーン!観客のうねるような嬌声を全身で受けとめ、そのエネルギーを自らの輝きに変え、ステージで神々しいまでに君臨するフレディ。胸が熱くなりました。

そんな私に友人が教えてくれたのがボヘミアンラプソディ応援上映

何それ。

ボヘミアンラプソディ

 

イギリスのロックバンドクィーンの4枚目のアルバムオペラ座の夜に収録された1曲。数ある名曲の中でも、ミステリアスな歌詞と、ロックでありながら、オペラを取り入れた革新的なチャレンジで、6分を超える長い楽曲にも関わらず、全英9週連続1位を獲得。

世界中で最初の人気に火が点いたのが日本なのはファンの間では有名。今でも人気が高く、CMやテーマソングなど、様々な場面で彼らの曲は使用されている。

クィーンのボーカル、フレディの伝記映画として現在上映されているのが、映画ボヘミアンラプソディです。

フレディと言えば思い浮かぶのが、全身タイツ。バレエ好きなフレディの、このスタイルは天才バレエダンサー、ニジンスキーにインスパイアされていたようです。

ニジンスキーは20世紀初頭にヨーロッパに現れたロシアバレエ団(バレエ・リュス)の天才ソリストでした。芸術プロデューサー、ディアギレフに引きいられたバレエ・リュスにはドビュッシー、エリック・サテ、ピカソ、ユトリロ、マリー・ローランサン、シャネル他、名立たる芸術家がその制作に名を連ねています。

1912年にパリで公演された牧神の午後では、古典的なクラシックバレエとは全く違う新しい解釈の振付で、又、性的な表現を舞台上で表現し物議を醸し出します。革新的なものへの挑戦ですよね。フレディはこの精神にも影響を受けたのではないでしょうか。

実際に牧神に扮した映像も残っています。そうして見ると、体格もフレディとニジンスキーは似ています。

ちなみにニジンスキーとディアギレフは愛人関係にあったと言われています。

ボヘミアンラプソディ応援上映って?

通常映画館では、流れる映像と一緒に歌ったり、手拍子したり出来ません。ですが、今回の応援上映では何と!

拍手OK!
手拍子OK!
発声OK!
dokiko
dokiko
OH!ロッキーホラーショーのようだぜ!!

応援上映の注意事項(TOHOシネマズHPより)

コスプレOK

コスプレOKです。ただし、周りのお客様の視界をさえぎるようなものの着用はお控えください。

着替えは劇場内では禁止

お着替え等の場所のご用意はございません。また劇場内トイレでのお着替えはご遠慮ください。

録画録音の禁止

場内でのカメラ・ビデオカメラ・MD・テープレコーダー・ICレコーダー等の録音録画機器、及びレーザーポインターの持ち込み、使用はご遠慮ください。

持ち込み禁止物

火器類の持ち込み・クラッカー・笛などの鳴り物の使用、飛ぶ・跳ねる・暴れる・物を叩くなどの周りの方のご迷惑になる行為は固くお断りいたします。余りに過剰に行われた場合は上映中止になる場合もございます。

迷惑行動の禁止

楽器などで音を鳴らす行為、過激な発言、ストーリーに関わるネタバレ等、周囲の方のご迷惑になるような行為や快適な鑑賞を著しく妨げる行為はご遠慮ください。

その他

周りのお客様に弊害が及ぶ激しい行為は禁止とさせていただきます。
内容等、変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

ボヘミアンラプソディ応援上映、東京での実施映画館

TOHOシネマズ日本橋

■12月25日(火)~ 12月27日(木) 18:30~ / 21:30~
■12月28日(金)~2019年1月3日(木) 12:15~ / 15:15~ / 18:15~ / 21:15~

TOHOシネマズ日比谷

■12月25日(火)~12月27日(木) 21:15~
■12月28日(火)~2019年1月3日(木) 9:30~

TOHOシネマズ新宿

■12月25日(火) 16:40~
■12月26日(水) 18:40~
■12月27日(木) 15:45~
■12月28日(金)~2019年1月3日(木) 15:45~

TOHOシネマズ

六本木ヒルズ

■12月28日(金)~2019年1月3日(木) 16:30~ / 19:30~

その他、東京全国の応援上映

ボヘミアンラプソディ公式HP

ライブエイド後

ボヘミアンラプソディは、ライブエイドをクライマックスにしています。フレディファンの方には、言うまでもないでしょうが、その後のフレディにも劇的な人生が待っています。

エイズ感染発表後、翌日の死亡報道には、世界中のファンが悲しみに打ちひしがれました。

dokiko
dokiko
ボヘミアンラプソディに胸を熱くしたdokikoですが、まんまと製作者側の罠にはまり、再度、応援上映で胸熱くしようと目論んでいます。予習に相方秘蔵DVD、LIVE AIDを引っ張り出しましょうか。
ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。