ベトナム

【ブンチャーダックキム】ハノイで有名なブンチャーのお店は、ネム(揚げ春巻)がメチャ旨い

ブンチャー巡り、ハノイで3軒目のお店です。創業が1966年という老舗ダックキムに伺いました。

ダックキム外観

宿から歩いて行ける距離にあったので、いつでも行けると、つい訪問が最後になってしまいました。

真っ赤な看板に黄色い文字。遠くからでも目立ちます。

ダックキム店内

見なれた卓上調味料。荒微塵のニンニク、唐辛子、ビネガーなどが置いてあります。

ダックキム ブンチャー

お店に行ったのは昼時も、とうに過ぎた時間帯でしたので、先客は一人のみ。直ぐに席に座れましたし、直ぐに出てきました。

山盛りのブン(お米の細麺)に山盛りの生ハーブ、器に溢れんばかりの炭火焼お肉&肉団子いっぱいの甘酸っぱい付け汁。こちらも、ブンチャー屋さんでは見慣れた風景です。ダックキムさんもボリュームたっぷり、美味しいです。

ですが、ダックキムさんでは、こちら↓

ダックキム ネム(揚げ春巻)

こちらのネム(揚げ春巻)が特に美味しかった!

強めの揚げ具合、口に運ぶ時の食べ易い大きさ、皮と中身のバランス、とってもクリスピーで、今回行った3件の中では、1番dokikoの好みにピッタリでした。

オバマ大統領も食べたブンチャー・フォン・リエンは、ブンチャー自体はお肉も柔らかく、美味しかったのですが、ネム(揚げ春巻)がいまひとつでした。具が詰まり過ぎた大きなネムはバランスが悪い。

ダックキムさんは、ブンチャーも美味しかったのですが、このネムが絶品。是非1度食べてみて欲しい。

ブンチャーのお肉もツクネも美味しゅうございましたが、細めんのブンはやっぱり大量で食べきれず。

ブンチャーお勧め店舗は?

具材のお肉の柔らかさや筋っぽさが、お店のお値段によって違うかな、とは思います。だけど付け汁自体のお味は甘酸っぱくて、ほとんど何処もそれほど違うようには感じません。そりゃ、微妙に入ってる野菜や付け合わせのハーブに違いはありますが、甘酸っぱ味は変わらず。

そういう観点から見ると、ブンチャー自体は、お肉の柔らかさから、ブンチャー・フォン・リエンが一番好みでした。ですが、ネム(揚げ春巻)は、こちらダックキムさんが抜群。

ただね~、ジャンクなお味が大好きなdokikoでもブンチャーは毎日では飽きそうです。最後にはお菓子食べてる感じになっちゃうのよね、甘酸っぱ味で。毎日だったら、やっぱりフォーがいいかな~、シンプルで。

ダックキム アクセス

今回行ったのは、上記のお店でしたが、HPを見るとハノイには2店舗あるようですね。お宿から近いお店を選んでくださいね。

ダックキム店舗

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。