-レストラン

ワルンテガスでナシチャンプルを食らう。もう、ロカボ(糖質制限)なんて忘れてね【バリ島ウブドWarung Teges】

友人夫婦に連れて行ってもらうナシチャンプル屋さんで、リピート率№1は、ここワルンテガスです。美味しいです。

ウブド、Warung Teges ワルンテガス入口

ウブド、Warung Teges ワルンテガス店内

ショーケース

おかずを選ぶ事も出来ますが、面倒くさいのでいつも、お任せです。

このショーケースの周辺で食事する事も出来ますが、ここを抜けて左奥に行くと、とても広くて心地良いお食事処が広がっています。

屋外

昔ながらのバリのお家の建て方ですよね。池があったり東屋があったり

あちらこちらに鳥籠が下げられていて、ピピピッとキレイな声が聞こえてきます。

奥の方にもテーブルがありますよ。私達は丸テーブルに陣取りました。

旨々ナシチャンプル実食!

この籠に引かれた緑の大きな葉がね~、いいですね~。今は、陶器のお皿を使うお店が多い中、籠のお皿にバナナの大きな葉っぱというのはビジュアル的にもGoodです!

煮物、焼き物、揚げ物、容赦ないサンバルマタが辛いです。エスジュル(オレンジジュース)もしくは、テボトル(ボトルに入った甘いアイスティー)が無ければ完食は無理です。

ここのナシチャンプルは辛くないと言う人も多いです。ですが、dokikoには、辛い!辛さに異常に弱いのか、現地友人と行くから容赦ないのか。未だ自らの足で到達した事が無くわかりません。

dokiko
dokiko
初めて行った時は迷子になりました。テガルサリから歩くと遠いです。

サンバルマタにハフハフされながら、すっかり食べきりました。いつも通り安定のお味。美味しゅうございました。御馳走様。

 

へっ?ロカボ?・・・何それ。。。

ウブド、Warung Teges ワルンテガスアクセス

営業時間

9:00~18:00(年中無休)

dokiko
dokiko
あんまり遅いと具材が無くなりますので午前中か、ランチタイムがお勧めです。
ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。