ベトナム

ハノイ【カフェマイ】この旅1番美味しいベトナムコーヒーは、練乳でコッテリ甘~くコクがありました

ハノイの街を歩いていて、気になったのがこちらのカフェ。引っ切り無しに人が出入りしています。大きくCAFEとありますので、コーヒーが飲めるのでしょう。行きたいお店を目指すのも良いですが、偶然見つけたお店に入るのも面白いですよね。

カフェマイ(CAFE MAI)

店内に入って聞くと、こちらは豆を売っているお店で、道の向かい側にコーヒーが飲めるカフェがあるとの事。見れば確かに同じ名前の看板が掲げられています。

そちらに行ってみましょう。

暑く埃っぽいハノイの街から一時避難です。

何店舗かあるようですね。

メニューには何種類か羅列されていますが、スタッフにお勧めを聞いたところ、上のCAFE PHIN TRUYEN THONG(伝統的なコーヒーフィルターを使った)Cafe phin PARIS MAI を指さします。

95,000VND(425円)ね。ベトナムの物価からすると超高ですが、もしかしたら2度と辿りつけないかもしれません。Cafe phin PARIS MAI 行っときましょ。

dokiko
dokiko
あ、アイスでお願いします。

店内は日本の純喫茶風。チョッと懐かしい昭和の雰囲気は何故か心落ち着きます。

氷が入ったグラスと、フィルターが乗せられたコーヒーがやって来ました。

コーヒーが落ち切った状態で、氷いっぱいのグラスに注ぐよう促されたのですが、このフィルターがなかなか落ちない。暑い街中を歩いて喉が渇いていたので、これが辛かった。日本のように水も出てこないしね。

ちょこちょこフィルターを覗きながら、やっと落ち切ったところで蓋を外し、その上にフィルターを乗せます。コーヒーの量はこんなもの。

少なっと思って氷の入ったグラスに入れても、やはりこんなもの。練乳を入れてかき混ぜやっと口に入れると、ああ、ベトナムコーヒーだぁ。少ないと思ったものの、濃厚なお味の為にはこれ位の量がベストでした。甘くて美味しいなぁ。

そんなこんなで、気が付くと1階は満席。次に来たお客さんは2階に案内されていました。

dokiko
dokiko
2階もあるんだ。見に行こう。

階段に上りかけ、カウンター内とお外を覗くとこんな感じ。

先ほど案内されたお客さんが窓際に座っていました。う~ん、2階の窓際があるんだったらこっちのが良かったな。

窓からはハノイの街が見下ろせます。

もう1つ上、3階までありました。こちらは誰もいません。

こんなに素敵な空間があるなら、今度は冷房のきいた部屋でゆっくりしに足を運んでもいいですね。甘~いベトナムコーヒーも、とても美味しかったです。

カフェマイ アクセス

営業時間その他詳細は下記グーグルマップをクリックしてみて下さいね。

今回、あちらこちらでいただいたベトナムコーヒー。練乳入れれば、どこも味が変わらなそうですが、さにあらず。こちらのカフェマイが抜群に美味しかったです。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。