アキクサインコ&ウロコインコ

【アキクサインコ】おしゃべりの進化が止まらないルビは天才かも・・・

親バカな言葉から始まりました。

昨年の夏から、アキクサインコとウロコインコを飼い始めました。dokiko宅にはなくてはならない家族の一員と化しつつある2羽ですが、アキクサインコのルビちゃん。おしゃべりの進化が止まりません。

当初、ワッショイからはじまって

アキクサインコがおしゃべりしだした!ワッショイ!!先日、ウロコインコがウンチを覚えたという記事を書きました。 https://wakudoki.tokyo/poop-play/ ...

最近では

ruby
ruby
ルビちゃん、ナナちゃん、いーこだねー、こっちおいで。かわいいねー、すき、大スキー、チューして

 

う~ん。ブリーダーさんは多分メスだと仰ってましたが、この喋りっぷりは男の子なんじゃないでしょうか。そういえば心なしが全体的にピンクが強くなって、ほっぺの白い部分が減ってます。

アキクサインコのルビノーは血統的に女の子が多いそうで、男の子は数が少ないようです。そういった経緯もあり、ブリーダーさんは女の子だと仰ったのかもしれませんね。

しっかし謎なのは、ネガティブな言葉を全く喋らない事。どう考えても不思議です。ナナに噛まれた時、コードをナナが噛んでいる時、その近くで「ダメ!」とナナが怒られているのをかなりの割合で聞いているはずなんです。もしかしたら1番多い言葉かも・・・。

 

wakuo
wakuo
ナナに向かってしゃべってて、ルビに向かってしゃべってないからじゃない。
dokiko
dokiko
だったら、ナナに向かって言ってたワッショイもしゃべんないはずじゃん。
wakuo
wakuo
そっか。

 

楽しそうに騒いでいると、あわてて飛んで来て一緒にその輪に加わるのですが、その焦り方が又かわいいんですよね。

ただし、ルビのおしゃべりは飼い主にはハッキリ聞こえるものの、インコを飼った事がない友人にはただのさえずりに聞こえるよう。ワッショイとヨシヨシが一緒になって、ワシヨシとか、スキ~、大スキー、カワイイねー、いいこでチュッ、チューしてーなどなど。

このブログを読んでるあなた。どう聞こえます?

 

dokiko
dokiko
ルビのお喋りの後ろでパチパチいってる焚火のような音は、ナナがシードを食べてる音です。いっぱい食べようね。
ABOUT ME
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。