ペット

【インコのおもちゃは手作りで安全に!その1 】100均、スリコだけでも大丈夫。今回はプレイジムをご紹介

我が家には、溺愛しているアキクサインコのルビと、ウロコインコのナナがいます。ヒナヒナの頃はオモチャは必要なかったんですが、半年位経った頃からでしょうか。特にウロコインコがオモチャに激しく反応するようになりました。

インコのおもちゃ

インコのおもちゃって購入するとなると結構なお値段なんですよね。それに直ぐに飽きちゃう。野生と違って狭いケージで飼われている頭の良いインコにはオモチャは必需品。何にもやる事ないとストレスで毛引き症になったり、呼び鳴きがひどくなったりします。

dokiko
dokiko
ただし、お年頃のインコだとかえって発情を促す場合もあるので、そんな時は使用を中止して下さいね。

オモチャを手作りしてみよう!

dokiko
dokiko
買うより作った方が安上がりだし、何使ってるか分かるから安心じゃん。

と思って始めたインコのオモチャ作り。確かに1個単価は激安になりますが、工具を揃えたり、材料が1個単位で購入出来なかっりと、結局はかなりの支出になりました。あんまりオモチャに反応しないコだったら、頑張って手作りせず、買っちゃった方が楽チンです。

dokiko
dokiko
ただ工具も100均、スリコだけで揃いますよ

我が家のウロコインコのような鳥種は、オモチャは1個じゃあ無理。下手すれば1日で飽きちゃいますからね。そんなこんなで悪戦苦闘しながら作ったオモチャの中でお勧めをご紹介していきます。第一回目はただ買ってくるだけのプレイジム!

スリコ(300coins)のドライフードネット

330円です。

これ凄くいいです。強力にお勧めします。

もともとインコのオモチャ用ではなくドライフードネットなんです。ですがこれを見た途端、閃きました。絶対ナナが喜んで遊ぶ!芯はスチールで出来ており、チャックの素材は問い合わせたところ、PET(プラスチックの一種)だとの回答をいただきました。

dokiko
dokiko
対応は丁寧、連絡も迅速スリコって企業としても、とってもいいなと思いました

ウチのウロコインコ、ナナはとにかく床をのし歩くのが大好き。テーブルの上で遊んでいても、オモチャを落としまくって遊び、落とし終わると今度は床でそのオモチャで遊ぶ。

nana
nana
とにかく落としたいのよ、私

踏んじゃいそうで怖いんで、テーブルの上に戻すんですが、聞きゃあしません。不満げな声を上げて床に再度飛び降りていきます。

nana
nana
うぎゃぁっ!床で遊びたいんだってば!!

それがこのプレイランドを導入した後、夢中で遊ぶようになり、床にいる時間が激減しました。

ただし、なれるまでかなりの時間がかかります。

インコのプレイジムの慣らし方

第一段階

見える位置にかけ、おもちゃに慣らす。

第二段階

大好きなおもちゃを入れて飼い主さんが入り口を開けたままにしてあげて下さい。インコちゃんが入った後も飼い主さんは入り口を開けたままにしておいて下さい。この時、手を放してしまうと出口が分からなくなったインコちゃんがパニックを起こすかもしれません。そうすると、又、おもちゃを使える時期が遅くなってしまいます。

dokiko
dokiko
お勧めは転がる丸いもの。プラスチック鈴ですとか良いですね。もしくは吊り下げられる鈴入りのオモチャ

第三段階

いち度、飼い主さんに手伝って貰ってプレイランドに入ったインコちゃんは、今度は一羽で入って行こうとします。その時、入口で必ず首を挟んだ状態になるかと思います。これにビックリして、又、しばらくこのプレイランドには近づかなくなります。

第四段階

それでも諦めずに、お気に入りのおもちゃを入れたまま目に入る位置にかけておいて下さい。気が付くといつの間にかインコちゃんはプレイジムの中で夢中になって遊ぶようになります。うちのコは軽く1時間はプレイランドの中で遊んでいます。

 

第四段階に到達するまでに、半年から1年かかるかもしれません。それ位のスタンスでこのプレイジムは放置してみて下さいね。

メルカリにて販売中

スリコのドライフードネットと、鈴、ふうの実などなどをセットしたオモチャをメルカリで販売しています。手数料や送料なども入りますので、どうしてもお値段高めになってしまいます。ですのでそちらから購入頂かなくていいですからね~。ただ、中に入れるオモチャの見本としてご覧になってみて下さいませ。

メルカリ販売中のプレイジム

メルカリに出品しているオモチャの作り方は、これからブログでご紹介していきます。

dokiko
dokiko
質問等ございましたらお気軽にどうぞ
ABOUT ME
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。