美術展

9/4(火)BS日テレぶらぶら美術・博物館で没後50年「藤田嗣治展」が放映されます

ぶらぶら美術・博物館

先日、ご紹介した「没後50年藤田嗣治展」が、BS日テレで9月4日夜9時から放映されます!

番組はぶらぶら美術・博物館です。ナビゲーターに山田五郎さん、おぎやはぎのお2人、高橋マリ子さんら4名が、美術展や博物展、神社やお寺、古今東西のお宝をお散歩気分でぶらぶらする、脱力系教養番組です。(笑)

dokiko
dokiko
今回、ブログに取り上げるのあたって山田五郎さんを調べたら、あのホットドッグプレスの編集長だったんですね。ウィキペディアでは美術評論家、コラムニスト、タレントなどの紹介がありました。

元々、この番組は好きで録画をしてよくみていました。今週紹介された森美術館で開催されている「建築の日本展」も期待せずに見たんですが、面白くて永久保存版にしてしまいました。

個人では入れない一般公開されていない場所や、通常展示されてないものを特別に番組内で紹介することも多いです。又、出演する学術員の方々の話も興味深く、おー!知らなかった!!と、ひとりごちしながら見ています。

dokiko
dokiko
国宝・迎賓館赤坂離宮の回も凄かったですよ。国賓の方々しか通れない通路や入り口、きらびやかな室内が美しゅうございました。

又、山田五郎さんの博識なことには驚かされます。古今東西問わず、本当に詳しいです。ワタクシ、dokikoが初めて聞くような名前の画家や建築家の経歴、逸話などを学術員の方に負けない知識量で詳しく解説されています。尊敬~~。

今回のサブタイトルは~世界的画家“レオナール・フジタ”波乱の人生と知られざる画業の全貌~ですから、山田五郎さんと学術員さんの掛け合いのお話も楽しみです。

激混みになる前に展示会に足をお運びください

そして今回、これをお伝えしたかった。これが1番重要です。

番組放送後は元々人気の藤田嗣治展、更に混む事が予想されます。今までの藤田展もテレビで取り上げられた後は、入館まで30分以上かかかる場合もありました。まずは来週9月4日の放送前に行かれる事をお勧めします。

dokiko
dokiko
番組を見終わった後に再度見たくなりそうですが・・・(笑)

藤田嗣治展へのアクセスはこちらからどうぞ。

あわせて読みたい
【東京都美術館】 没後50年 藤田嗣治展 アクセス&混雑状況 混雑状況 2018年8月3日金曜日のお昼頃。 すいていました。2006年に近代美術館で開かれたフジタの展覧会以来のゆったり感です。...

まだまだ、暑い日が続きますので、帽子、水の携帯(もしくは、ガリガリ君・・・。詳しくは上記のブログを読んでみて下さいね)などの暑さ対策をくれぐれもお忘れなく。うかつに上野公園砂漠に突入しませんよう。