ベトナム

隠れ家感が堪らない、ハノイのカフェフォーコー(Cafe Pho Co)茶トラの巨大猫もいますよ

たどり着くまでが大変と、どのガイドブックにも、皆さんが書かれたブログにもありました。そしてたどり着いた時の達成感と共に、ホアンキエム湖が絶景との評判で楽しみにしていたカフェでした。

この洋服やさんが入口なんです。dokikoも随分探して、結局、近くのお店の人に聞いてたどり着く事が出来ました。

よ~く見ると

CAFE PHO COの文字が。

わからんよね、これじゃ。

店に入ると、真ん中に細い路地が見えますので、そこを真っすぐ進みます。

すると突然、視界が開けて怪しい世界が広がります。

椅子に収まりきれない茶トラの巨大猫。まるで門番のように階段手前に陣取ってます。寝てるけど。

1階のカウンターで注文して、最上階まで階段を昇りましょう。

振り返ると・・・。おー!この風景はあちらこちらのガイドブックで見掛けたのと同じ風景!!ちょっと、感激。

更に危うい階段を昇っていくと最上階にたどり着きます。良い席は既に埋まってます。取りあえず手前の席に陣取りましょう。

曇ってますが、ホアンキエム湖が一望出来ます。

しばらくすると、オーダーしたエッグコーヒーがやって来ました。

dokiko
dokiko
やっぱり、スンゴイ甘い・・・。コーヒー味の甘~いクリームを飲んでるみたいです。

4,000VND(200円)。この時、最前列が空きましたので移動です。

辺りが暗くなるまで、風に吹かれていました。

ホアンキエム湖の風景より、閉ざされた室内の雰囲気の方が心惹かれましたね。夜になると付喪神(つくも神)が動き出しそう&ナルニア国物語の衣装ダンスがどこかに隠されてそう。

樹木が生い茂って部屋の中まで進出してます。こういう部屋に住みたいなぁ。

皆さん仰ってるように、千と千尋の神隠しに出て来そうです。

そして、この巨大猫。深夜には人間になるんじゃないかしら(笑)帰りには目を覚ましていました。

この後、首を伸ばして目を細めてくれましたよ。触らせてくれて有難うね。

カフェフォーコー(Cafe Pho Co)アクセス

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。