ロカボ

ワイルド☆ロックを食べてみた【ウェンディーズ・ファーストキッチン】金スマで紹介されたロカボ(糖質制限)に最適

金スマで紹介されていたワイルド☆ロック。食べてみようみようと思いつつ、なかなかお店に行く機会がありませんでした。ですが、本日やっと試す事ができました!

ウェンディーズ・ファーストキッチン

dokiko世代には、ん?ウェンディーズなの、ファーストキッチンなの?と謎りますよね。

アメリカ発のハンバーガーチェーン「Wendy’s」と日本生まれのハンバーガー&パスタチェーン「First Kitchen」。「Wendy’s」の本格派バーガーと、「First Kitchen」のオリジナルティあふれるメニューが融合した、新しいファストフードの店舗を展開中です。「両者の持ち味を出し合うことで、さらにお客様に満足いただける価値を見出したい」…そんな志からはじまったプロジェクトです。

ファーストキッチン・ウェンディーズHPより

サントリーホールディングスが全額出資していたファーストキッチンを2016年にウェンディーズに売却したという事のようです。(ファーストキッチンのみのお店は、まだありますよ)この2店舗をコラボして生れたのがウェンディーズ・ファーストキッチンです。

そして、このウェンディーズ・ファーストキッチンで開発されたのが今回ご紹介するワイルド☆ロックです。

ウェンディーズ・ファーストキッチンnonowa西国分寺

今回、向かったのはJR西国分寺駅の改札内にあるnonowa西国分寺店です。

ホームは武蔵野線、西船橋方面行き4番線です。

ホームから入ってすぐに入り口があります。

入店前にメニュー確認も出来ます。

ワイルド☆ロック

料金

670円

パティが2枚になりますので、それなりのお値段になりますよね。

糖質

ファーストキッチン初の試み、低糖質商品、ワイルド☆ロック。糖質は何と約4.6g!2枚パティのバーガー、ウェンディーズバーガーダブルと比べると85%の糖質がカットされているそうです。

何が入ってるの?

100%ビーフパティ

ウェンディーズの特徴、四角い形のビーフ100% パティが2枚。

国産生野菜

トマトとグリーンリーフは、国産生野菜を使用。

ベーコンエッグ

ファーストキッチンと言えばベーコンエッグバーガー。このベーコンエッグに、 ファーストキッチン オリジナルのタルタル ソースが添えられています。

ワイルド☆ロック実食

ちょっと、おしゃれな縞模様にSpecialの文字が赤く目立ます。

包み紙をスッカリ剥がすと、こんな感じです。バンズは抜かれ、替わりにハンバーグ2枚でベーコンエッグ、トマト、レタスが挟まれています。

早速、かぶりつきましょう!

う~ん、肉々しくて旨し。そして、溢れ出すタルタルソースが、又、旨し。

ただ、途中、肉々しさに飽きてきます。でも大丈夫。無料のディップソースバーがあります。

種類は4つ。アボガドマヨネーズ、チーズソース、ガーリックマヨソース、辛子明太子マヨソース。

手前の小さなトレイに入れて、味変しましょう。この時は、ガーリックマヨソースを選択。最後まで飽きずに平らげる事が出来ました。これから間違いなく、ロカボ(糖質制限)ダイエット中のメニューに取り入れるだろうワイルド☆ロック。お勧めです。

dokiko
dokiko
ロカボ(糖質制限)の味方マヨネーズ。そのマヨネーズソースが無料で4種類もあるなんて、知らなかったぜファーストキッチン。やるね。

しかし、フィフティーズには少々重いのよね。モスの菜摘(なつみ)バーガーと、このワイルド☆ロックが合わさった菜摘ワイルド☆ロックを今度はコラボしてくれないかなぁ~。

それに丼物と同じように、ゆっくり食べる事が難しいです。満腹になる前にガツガツ食べ終わってしまう感じ。駅中にあるので、急いでいる時に駅そば食べる感覚で利用ですかね。ちょっと高目の値段になっちゃいますけど。

ウェンディーズ・ファーストキッチン店舗

東京各店舗地

東京以外の店舗

営業時間も各店舗によって、かなり違います。上記から、各店舗毎に、ご覧いただけます。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。