ベトナム

予約不要【ソフィテル・レジェンド・メトロポール】ル・クラブ(LE CLUB)ハノイで話題のチョコレートビュッフェを!

ハノイのトラベル雑誌には必ず取り上げられているソフィテル・レジェンド・メトロポール

フレンチコロニアル調のその装いと、最も格式あるホテルとしてハノイの歴史に刻まれています。

この部分が拡大され、モンパルナスのカフェ風にガイドブックに掲載されています。最初ここがあのソフィテル・レジェンド・メトロポールホテルだと分かりませんでした。

あのお洒落な雰囲気なのはこの一角だけなのね。

建物全体を見ると、コロニアル調で素敵なんですけどね。あの部分のイメージが強過ぎたなぁ。

旧館のエントランス前には、シトロエン1953年制のクラシックカーが置いてあります。フランスの統治時代はこんなクラシックカーがホテルには並んでいたんでしょうね。

grabでホテルに乗り付けたdokikoに、ドアマンが笑い掛けます。「ボンジュール、マダム」くぅ~、ちょっとお洒落してきて良かった。ついでなんで、チョコレートビュッフェのル・クラブ(LE CLUB)を尋ねたら何とレストランまでアテンドしてくれました。

dokiko
dokiko
有難う~~。

こちらの旧館は、1901年創業以来の雰囲気を残しているそうです。小じんまりしたエントランスや天井の低さ、クラシックな上品さが、ちょっと山の上ホテルを思い起こさせます。こちらの方が巨大ですけどね。

途中、館内には曰くがありそうな絵画が掛けられていました。

dokiko
dokiko
後ほど調べたら、反戦、公民権運動で有名な歌手ジョーン・バエズさんがこちらのホテル滞在中に描かれたものだそうです。ベトナム戦争時、彼女や女優のジェーンフォンダさんは、自らが盾となって戦争反対を唱え、このホテルに滞在していたそうです。当時、使われていた防空壕は現在、宿泊客のみに解放されています。

ル・クラブ(LE CLUB)に着きました。ここまで、アテンドして下さったドアボーイさんは、担当スタッフに引き継いだ後、笑顔を残して去って行きました。う~ん、このホテルに泊まってみたくなりました。

ル・クラブ(LE CLUB)

予約無しの飛び込みでしたが、問題なく通して頂けました。

素敵ですねぇ~。何処に座るか迷います。

ビュッフェ台から、遠からず近からずのこちらの席にしました。

お茶のセレクトから

席を決めると、お茶のセレクトを聞きに来てくれます。ズラッと並べられたセレクトに悩む~。

結局、スタッフお勧めの紅茶にしました。

早速ビュッフェ台をチェックしましょう。

チョコレートビュッフェ

ずら~っと並べられたボンボンショコラ。これだけでも凄い量です。

チョコフォンデュもあります。

スコーンや、小さいカップに入ったチョコのデザート

台にのせられたチョコケーキやフルーツ

       

もう、食べきれそうにないです。ただ、サンドウィッチもあるとの事前情報でしたが、見つけられず。味が変われば、もう少し頂けたかも、と意地汚いdokiko。紅茶がやってきました。早速チョコの饗宴をはじめましょう。

チョコレートビュッフェ実食!

まずは、フルーツとマカロン、ナッツ入りのプラリネ。

スコーンにケーキ、ボンボンショコラ。

甘いものばかりなので、そろそろ飽きてきました。それでも、もう一皿頑張ってみました。

このメトロポールハノイのロゴが入ったチョコが食べたかった。建物と創業年月日が描かれていますね。

最後に炒ったほろ苦いカカオ豆を口に入れて終了。ご馳走様でした。

チョコレートビュッフェ料金

しめて693,000VND(3,500)也。

チョコレートビュッフェ実施時間

15:00~17:30

アフタヌーンティーも同時間に行われています。どっちにするか悩んだんですけどね、スタッフに進められてチョコレートビュッフェにしました。

ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ。宿泊しなくても、やはり1度は足を運んで頂きたい。それくらい素敵な空間とホテルスタッフ達でした。

アクセス

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。