バンコク

バンコク【アニマルカフェ】砂漠の妖精、愛くるしいフェネックと仲良くなる秘密の方法

萌え死にます、フェネック!

実はアニマルカフェ、2回行っちゃいました。初回は、夕方に入って、夜遅くまでいたんですが、大人気のフェネックは順番待ちで、更にブレークタイム(動物の為の休憩時間)を設けますので、なかなか専用の部屋に入れない。

ようやくdokikoが部屋に入れた時、フェネックは散々遊んだ後で疲れて寝ちゃってました。余りにキュートなその姿に、無理やり起こすのが忍びなく、萌え死にしそうなその姿を間近で眺めるだけで、満足して帰って来ました。

dokiko
dokiko
ね、可愛すぎて起こせないでしょ。

でも、やっぱり心残りで、フェネックに会う為だけに、後日、向かいました。

dokiko
dokiko
結局、サーバルキャットや、カラカル君、必殺チャウチュール使いで猫ともたっぷり遊ぶんですけどね。

では、早速2日目のひざ上、フェネック君です。

あわわわ、可愛すぎる!

dokiko
dokiko
この時、自分からはフェネックの頭の上しか見えてません。ホテルに帰ってから、写真を見て叫んじゃいました。

こんな子が自ら進んで膝に乗って来たら、もうソロモンの指環を手にしたようで有頂天です。

もし、フェネックと夢のような時間を過ごしたいなら、決して、自分からフェネックを捕まえようとしてはいけません。勿論、スタッフに注意もされますが、捕まえようとしても、すばしっこいフェネックを捕まえる事は至難の業です。繊細なフェネックの事、この人チョッと嫌かもと思われたら、接触する事は難しくなります。

フェネックと遊ぶ為のNG4ヶ条

追いかけない

つい、こちらから近付いてしまうんですけど、それってフェネックにとって、追い掛けられてるように感じるみたいです。

上からおおい被さらない

フェネックから見たら、人間て凄く大きいですよね。そんな何十倍もある大きな人間が上から近付いて来たら、怖くないですか?フェネックは神経質な動物ですので、無理強いは禁物です。

無理やり抱っこしない

フェネックは本当に愛くるしいですから、やっぱり、抱っこしてみたくなりますよね。ですが、先程もいったように、フェネックは神経質な動物ですので、無理やり抱っこしようとすれば嫌われてしまいます。

大きな声を出さない

フェネックは耳が大きいです。砂漠に生息する動物ですので、どんなに遠くの物音でも聞こえるように(&身体の熱を放射する為に)耳が大きいんですね。私たちが聞こえる音量の何倍にも聞こえると思いますよ。

 

わかったよ!だけど、どうすりゃ抱っこ出来るのさ!!
dokiko
dokiko
わかりました!

では、dokikoがフェネックを抱っこした時のHOW TOをば!

フェネックと仲良くなる秘密の方法

大げさに言っちゃいましたけど、単純に膝に乗っかって貰った方法なんですけどね。

フェネックから離れた壁際のベンチに座る

この時は、フェネックの1匹がベンチの上にいましたので、距離をとってベンチの離れた位置に座りました。

フェネックの興味を引く

大きな耳は微かな音でも聞き逃しません。dokikoは、身体の後ろで、ベンチの表面を爪で引っ掻き、フェネックにとって聞き慣れない音を出してみました。

そうすると

興味を引かれたフェネックがやってきました。フェネックは、神経質ではありますが好奇心旺盛な動物でもあります。

耳慣れない音(餌になる小動物が出しているような音)に興味を引かれたフェネックは、自ら近付き、dokikoの洋服を掘るように引っ掻き始めました。ここまでくれば、第一段階突破です。

手を出さない

この後もフェネックには、手を出さず音を出し続けます。身体の後ろや、洋服の下など、音を出す位置を変えてみて下さいね。

そのうち気が向けば、膝に乗ってくれます。こうなったら、ラッキー!第二段階に突入です。

dokiko
dokiko
冷静になって考えれば・・・、毎日の繰り返しの中で、追い掛ける(無理強いする)人間と、そっとしておいてくれる人間を嗅ぎ分ける術を見出しただけかもしれませんが・・・。

目が閉じそうですよね。そうなったら顎の下あたりに、そっと手を出すと

顎を乗っけて寝ちゃいました。やりました、最終段階、フェネックを抱っこする、目標達成です!!

見て下さい、この潰れ方。可愛すぎ。

身体を預けられて、こんな風に無防備に寝られたら、もう身じろぎ出来ないです。

顎を乗っけて寝てたフェネック君ですが、しばらくすると、伸びをして

身体をグルッとしたこの後

真ん丸く、更にドーナツみたいになって、熟睡モードに入っちゃいました。足の短いdokikoは、フェネックがずり落ちないように、ずっとつま先立ちして座ってたんで、可愛いやら、足がツリそうやら。

この時点でフェネック部屋には、dokikoの他にスタッフ1名、お客さんが2名、合計4名がいました。フェネックは、膝の上と、もう1匹が部屋を闊歩中。

お客さんの1人が、もう1匹いたフェネックを触りたくって追いかけるんですわ。嫌がるフェネックは、ベンチに座った私の足の裏側に逃げ込みます。

dokiko
dokiko
皆さんは、決して嫌がるフェネックを追いかけないで下さいね。

膝にフェネック、足下にもフェネックという夢のようなシチュエーションを過ごしていたのですが、10分程度でしょうか、スタッフからチェンジと言い渡されてしまいました。フェネック待ちのお客さん、多いですからね。

dokiko
dokiko
この日は、平日なのに、なんでこんなに混んでいるんだ。

と思っていたんですが、バンコクでは祝日の振り替え休日だったんです。なので、混んでたんですよね。空いていれば、もっともっとフェネック抱っこ出来たのになぁ。

dokiko
dokiko
もし、この方法を試して抱っこ出来なくてもdokikoは、一切責任を負いません!(笑)そんな時は、神経質だけど好奇心旺盛なフェネックをどうすれば引き寄せられるか、自らのアイデアで色々試して下さいね!!

アニマルカフェお勧め訪問時間

平日の夕方から夜に掛けてです。カフェと名前が付いている通り、皆さん、ここを訪れるのは昼間が多いです。平日でも昼間は結構混んでます。ですが、夕食時間に向かうと皆さん、どんどん帰って行きます。ぜひ、夜の時間帯にアニマルカフェ滞在時間を作ってみて下さいね。

dokiko
dokiko
動物好きには、萌え死に間違いなしの大お勧めスポットです!
ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。