マイルで特典チケット

やっと貯まったANAマイル!国際線特典チケット取るなら、ついでに国内線を無料で片道付けちゃおう!

海外旅行の際、最近ではエアチケットを購入する事がほとんど無くなりました。どうしているかと言えば、貯めたマイルを使って、国際線特典チケットを予約しています。

wakuo
wakuo
今回の記事は、ANA(全日空)のマイルがやっと貯まって、さて何処に行き先を決めようかな、と考えているマイラー初心者の方におおくりしますよ。
dokiko
dokiko
通常、飛行機に乗ったり、クレジットカードを使ってマイルを貯めてると思いますよね。dokikoも、ずっとそう思っていました。ですが、まぁ貯まらない事。やっと貯まったと思ったら、必要マイルが上がって片道分にしかならないとか・・・。切ない思いを何度したことか。
wakuo
wakuo
最近dokikoはポイントサイトを利用して、マイルを貯めてるようです。

この方法を知るまでは、血眼になって安いエアチケットを探しておりました。ですが、格安航空券は、変更不可ですので、実際に旅が始まるまでは突発的に何か起らないかドキドキでした。

この国際線特典チケットは優れもの。ギリギリまで、変更可能です。

ご予約済の便の出発前かつご搭乗希望便出発の24時間前まで承ります。ご予約済の便の出発までにご予約の変更・取り消しがなかった場合、以降の変更はできません。ーANAホームページよりー

JALや他の航空会社では、変更手数料が必要な場合もありますが、2019年5月現在、ANAは変更手数料も無料です。

そして使い方によっては、国内線も片道無料で付けることが出来るのです。今回は台湾への往復国際線特典チケットを例にご紹介しますね。

東京発、台湾行きの国際線特典チケットをANAで取ってみる

まず東京発台湾行きのエアチケットをANAで取ってみましょう。

台湾の往復チケットが20,000マイルで取れました。(シーズンによって必要マイル数は変ります)

国際線は全ての空港で発着している訳ではありません。東京在住(もしくは国際線発着便のある空港周辺にお住まい)の方は良いですが、それ以外だと、乗り継ぎの国内線が必要ですね。そういう方々のために、国際線のある空港まで、国内線も無料で付ける事が出来るようになっています。

沖縄発、台湾行きの国際線特典チケットをANAで取ってみる

次は沖縄~台湾で検索してみました。

東京~台湾も、沖縄~東京~台湾も同じ必要マイル数&支払総額になりました。

この場合、あくまで乗り継ぎ扱いですので、24時間以内に国内線と国際線を乗り継がなければなりません。乗り継ぎ時間を24時間以上にしてしまうと、次の表示が出てきます。

ですが、往復ANAではなく、同じスターアライアンス提携航空会社の路線を1つ(もしくはそれ以上)加えると、ストップオーバーという、24時間以上あいたチケットを取ることができます。それが次のパターン。

沖縄発、台湾行き国際線特典チケットをスターアライアンスを入れて取ってみる

 

1月22日の後1週間程あけて、29日に東京~沖縄国内線チケットを取ることが出来ます。そして、東京発沖縄着にする事も(発着が日本国内であれば沖縄以外、千歳でも仙台でも)可能です。(ただし、1回のみ)

これが、どういうことかと言えば、東京在住の人間でも、国際線特典チケットを取る時、片道の国内線特典チケットを無料で付ける事が出来るんです。

東京発の台湾行き国際線特典チケットをスターアライアンスを入れて取り、沖縄までの片道も付けてみる

そして、もう1回、同じような工程で今度は行きに沖縄発の国内線を付けます。

どうでしょう。2回の台湾旅行の間に、1回分の沖縄往復チケットが無料で取れました。

1月20日~1月22日 東京&台湾往復

1月29日2月3日  東京&沖縄往復

2月17日~2月20日 東京&台湾往復

青とオレンジの2行程で3回の旅が出来ます。(ただし、1行程の中で発券日から1年以内に帰着しなくてはなりませんよ)今回は分かりやすいように台湾に2回行くようにしましたが、台湾&韓国、台湾&ヨーロッパでもいい訳です。その間に国内線を挟みます。

dokikoは、これを利用して2019年3月に沖縄旅行をしてきました。

あわせて読みたい
2019年3月の沖縄旅行は航空券が無料になりました!レンタカーやホテルお勧め観光スポット2019年3月は、ANAの国際線特典チケットに無料で付けた乗り継ぎ便の沖縄国内線チケットで旅行に行って来ました。 https://...

すごく、お得じゃないですか?更にお得なルートもありますが、かなり込み入ってきます。まだ、dokikoの実力では上手く説明出来ません。説明力が伴った時、ご案内しますね。

wakuo
wakuo
この手法で、2020年は北海道に行ってきます。
dokiko
dokiko
手配したのはdokikoだけどね。
ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。