旅ドキ!

【ウブドPURIANI】 美人オーナーのセレクトショップ/肌触りのよいシルクのお洋服が揃ってます

毎年、欠かさずに通っているお店です。何年か前に、フラッと前を通りかかり、シワ加工された黒いシルクの被りものを購入。その後、愛用するようになりました。

とにかく、着心地がいい&涼しいです。長袖なんですが、ノースリーブで過ごすより、断然涼しいです。薄いシルクのロングスリーブは素早く汗を吸い取り、気化します。ですので、素肌を晒しているより、数段涼しく感じます。

初めて購入した頃は、7月にバリに通っていました。日本に帰ってから8月のお出掛けには、このお洋服しか着ない(と言っても同じデザインのものを3着程度ですが)夏を過ごしました。

バリ島でも軽くて薄いので汗をかいて手洗いしても、アッという間に乾きます。湿度が高いバリ島でクリーニングいらずは助かります。

それにね、一番の理由。下着を着なくてもバストトップが露わにならない。これです。とにかく下着、ぶっちゃけ、ブラが嫌いです。夏場は特に痒くなっちゃうんですよね。黒のタンクトップを来て、その上にこの店のシルクを着ると、涼しい&着心地が抜群です。

dokikoが夏の洋服を選ぶ1番のポイントは、下着を付けなくても人様が迷惑しないような素材とデザイン。自宅にいる時はいいですけどね、お外に出る時は、よそ様に申し訳ないですからね。

dokiko
dokiko
PURIANIさんでもこの条件に合うシワシワ加工服は1つだけでした。今回は無くて残念。

ただし、暑いカンカン照りの日に着続けていると、黒い長袖が塩分で白くなります。最初は、どこで汚したんだろうと思いました。吸っては渇きを繰り返すので、くっきり白い模様が浮き出ます。おしゃれさんには、お勧め出来ないかな。

右がオーナー、左がお店のスタッフ。2人とも、美人さんですよ。

なんかバリ島の人って写真撮っていい?と聞くと、このようにお顔べったりする事が多いのよね。何故かしら。

昨年は、愛用しているデザインのものがありませんでしたので、シルクのしわしわストールのビッグサイズと、その半分のサイズ、そして薄手のシルクの上着を購入しました。こうするとスカートにも、ブラウスのようにも着れるのよと、ストールの使い方をレクチャーしてくれましたが、日本ではなかなか難しいコーディネート。

dokiko
dokiko
確か、大きい方が日本円で3,000円、半分のサイズが値段も半分程度だったかと思います。

今回購入した、上着です。愛用品と同じ布地なんで購入してみました。ヒラッヒラで薄くて、とても肌触りがいいです。

バリ島で服を選ぶ時の注意点

色やデザイン&肌の露出度

リゾート地で開放的な気分になって洋服を選ぶと、日本に帰って来てから後悔する事があります。南国リゾートに合う服と、日本での普段の生活で合う服は違います。ここ、バリで楽しみたいのか、日本に帰ってからも着たいのか。

色やデザイン、肌の露出度。ここら辺に気を付けてショッピングして下さいね。

サイズ

バリ島の人は小さくて細い人が多いです。ですのでSMLと表示されていても必ず試着して下さい。以前、絶対無理!というサイズを差し出された事があります。大丈夫と言われても安心せず、必ず試着して下さい。

縫製があまい

やはり、キッチリと作られたお洋服とは違います。良くて2シーズン、3シーズン着ると裾が破れてきたりします。そこら辺はご愛嬌、承知の上ご購入下さい。手洗い推奨です。着心地は抜群です。

セレクトショップ詳細

住所

Boutique Puriani
Hanoman St No.11, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 インドネシア

営業時間

10:00~20:00

時々、お店を留守にしてます。もし、南部リゾートから行かれるようでしたら、電話で開いて確認してからお出かけください。

連絡先

+62 877-6114-6664

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。