立川

【日本橋海鮮丼 つじ半】ららぽーと立川立飛

劇場版【鬼滅の刃 無限列車編】を見に行ったららぽーと立川立飛で、ランチに選んだのは【日本橋海鮮丼 つじ半】です。

【日本橋海鮮丼 つじ半】はどこにある

ららぽーとの3階、フードコートの一角にあります。

フードコートは子供連れを意識した作りになっていて、家族用のテーブルが凄く多いです。

日本橋海鮮丼 つじ半

入り口から入って左に曲がると、直ぐに日本橋海鮮丼 つじ半はあります。

メニュー看板見てるだけでも美味しそう~~。

Ⓓぜいたく丼 特上がウニ入り1,580円(税別)、©ぜいたく丼 松がイクラ入り1,280円(税別)

Ⓑぜいたく丼 竹がシラス入り980円(税別)、梅がぜいたく丼880円(税別)がスタンダードね。

鯛茶漬け用の鯛出汁は全ての丼ものに付いてくるようです。

キッズメニューも、ぜいたく丼、しらす丼の2種類あります。

dokikoはしらす入り、wakuoはイクラ入りをオーダーしました。

ぜいたく丼実食

Cイクラ入り海鮮丼

ふむ。写真よりイクラ少な目ね。

Bシラス入り海鮮丼

こちらのしらす丼は、写真と同じ位かな。チョッと色味がね。お地味です。

では、トレーにセットされた「お召し上がり方」にのっとって頂いてみましょう。小皿に既に入れられた黄身醤油を回し掛けて頂きま~す。

まぐらの剥き身と切り身、サーモン、カズノコ、貝、キュウリまでは分かったんですが、後は何かなぁ。微妙に入ってるイクラも具材の1つなのかな。

貝やカズノコ、キュウリがいいアクセントになって、歯ざわりもいいです。色合いがちょっと、思ったんですが、お味は美味しゅうございました。しかし、ご飯多いのよね。

でも心配いりません。鯛出汁でお茶漬けいきましょう。

別盛りになったタイのお刺身を乗せてお茶漬けにして頂きます。

入れ物が、ね。色気がないわね。ま、フードコートなんでしょうがなし。

フタを開けた時、出汁の匂いに少々臭みを感じましたが、お味自体は大丈夫。

最後まで飲み干して、ご馳走様でした。

本店は日本橋にあるようですが、お値段が違います。特上1,738円→3,600円、松1,408円→2,000円、竹1,078円→1,500円、梅968円→1,100円(全て税込み)となります。

ただ、写真で見る限りは、やっぱり本店の方がネタは美味しそうです。そのうち、本店も行ってみたいな。

日本橋海鮮丼 つじ半 ららぽーと立川立飛店アクセス

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。