食べドキ!

【吉祥寺】ミカフェートで超絶フルーティーなコーヒーを試す

BS日テレ 久米書店

溜まりに溜まったTV録画を整理する為に内容をチェックしていたのに、又、番組を見始めてしまうという経験は皆さんご経験がおありかと思います。そんな中で思い出したのが今回のお店。

Mi Cafeto(ミカフェート)

dokiko
dokiko
スペイン語で「私のコーヒーの樹」を意味するそうです。

以前、BS日テレで放映していた久米書店という番組がありました。既に2017年に終了していますが、久米宏さんが店長、壇蜜さんが書店員という、何とも背後の関係性を勘ぐってしまうような(笑)設定の番組でした。(勿論、番組上のですよ)

毎回、久米店長がセレクトした書籍をお呼びした作者と共に紹介するという、どちらかと言えば、映像的には地味目で厳しそうな感じですが、さすが久米さん。どの書籍もその魅力を余すところなく、引き出し、内容が既に分かっているにも関わらず、購入してしまった本が何冊もあります。

コーヒーはフルーツ

そんな番組で紹介されていたのが、コーヒーハンター川島良彰(かわしまよしあき)さんの「コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか」です。川島さんはご自分自身で世界を飛び回りコーヒー産地と日本を行き来していらっしゃいます。

彼の言葉で印象的だったのは「コーヒーはフルーツ」

久米さんも言います。コーヒーはフルーツなんだから、ある意味の酸味があるのは当たり前。何故ならば、コーヒーはフルーツだから。

通常、コーヒーは船便で輸送されます。温度管理されているコンテナは殆どないとの事。ですが、ミカフェートのコーヒーは、温度管理された状態の生豆を空輸、焙煎し、窒素ガスと共に瓶詰めしているそうです。焙煎時に出る炭酸ガスと共に香りが抜けてしまうのを防ぐ対処法で、ワインのようにお店に並べられています。

「いくら日本に運んで来てから温度管理しても、腐ってるもんを冷蔵庫に入れるようなもんですから

すかさず壇密さん「腐ってるものを冷蔵庫に入れても腐ったままですよね」

う~ん、そうなんだ、腐ってるんだ、普通のコーヒー。かなり過激な言い方ですが、そこまで言われたら新鮮フレッシュなコーヒー飲んでみたいじゃないですか。

久米書店で放映後、飲みに行こうと思ってましたが忘れていました。調べたところ、日本各地に店舗があるようです。銀座、六本木、青山、千代田区一ツ橋、表参道、吉祥寺・・・。

dokiko
dokiko
吉祥寺!

という事で、早速、アトレ吉祥寺店ミカフェートに行ってまいりました。

ミカフェート アトレ吉祥寺店

外観

外観はこんな感じです。

店内

中に入ると、思ったより小さくこじんまりとしています。スターバックスのように、ゆったり座れる椅子や大きめのソファもありません。ですが満席に近い状態で、奥のカウンターでは、常連さんなんでしょう、年配の男性が笑いながら話しています。

レジで好みのものをオーダーし、支払いを済ませます。

オーダーしたのは「MT マリアス トレス ナチュラル」

フルーティーな香りがするコーヒーがあると聞いたのですが、というと勧めてくれたのがこちらのコーヒー。マリアス トレス ナチュラル。

真っ黒じゃないんですよね。

一口含むと、確かに壇密さんが言っていたように苦くない。かすかな酸味は「コーヒーはフルーツ」というのもわかります。ただ、そんなにフルーティーな感じはないなぁ・・・と思っていました。

ですが飲んでいる内に、フレーバーが強くなってきたのです。不思議ですが、温度が下がった時の方が甘~い香りが立ってきます。

それは飲み終わったコーヒーカップを前に更に強く感じました。かぐわしい香りが鼻を抜けます。クンクン。

この状態でも、カップに鼻を近づけるとフルーティーな甘い香りが立ち上ってくるのです。香りもおいしいコーヒーですね。

ミカフェートのコーヒーをいただきながら、台湾のお茶が頭をよぎりました。台湾のお茶は聞香杯(もんこうはい)といって香りを楽しむための器もあります。

銘柄によって、花や果物、ミルクや蜂蜜などの香りがほんのりと香るのです。

ミカフェートのコーヒーも同様で、コーヒー自体もおいしいですが、その香り、残り香がたまりません。こんなコーヒー、飲んだ事がありませんでした。

ブラックコーヒーが苦手な私ですが、こちらミカフェートのコーヒーは、砂糖もミルクもいりません。その香りやフレーバーを楽しむためには、何も入れずそのまま口に運ぶのが1番です。余計なものはせっかくのコーヒーを殺してしまいます。

コスパ的にはどうでしょう

1杯600円(税込)

コスパが良いとみるか悪いとみるか。目の前の1杯が煎れられるまでのバッグボーンを知ると、格安としか言いようがありません。

ただお店自体は、ゆっくりと長居ができるような雰囲気ではありません。買い物途中にチョッとコーヒーを、というシチュエーションがピッタリではないでしょうか。かと言って居づらい雰囲気ではないんですよ。スタッフの方もにこやかで明るい良いお店だと思います。

コーヒー好きのフィフティーズの方は、ミカフェートのコーヒー、1度は召し上がられる事をお勧めします。コーヒーの概念が一変しますよ。

 

店舗情報

Mi Cafeto(ミカフェート)

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺1F

0422-22-1487

JR吉祥寺駅北口直結

7:30~22:00

定休日無

dokiko
dokiko
この後、何回もミカフェート行ってます。甘い香りを楽しみたい場合、スタッフに聞いた方がいいですよ。やはり、ボトルを開けてしばらく経ったものは香りが飛んでいます。以前、友人が頼んだコーヒーは香りがほとんど感じられませんでした。