-レストラン

【リッツ・カールトン・バリ】ザ・リッツ・カールトンラウンジ&バーでは、アフタヌーンティーより、ビンタンがお勧め

リッツまで送ってくれた友人夫婦にお礼をしようと、ザ・リッツ・カールトンラウンジ&バーにやってきました。

ザ・リッツ・カールトンラウンジ&バー、アクセス

広大な敷地に点在するリッツ・カールトンの建物ですが、ザ・リッツ・カールトンラウンジ&バーは、①のロビーラウンジから一番下の階LLまで降りた後、渡り廊下を海側に向かうと、入口が見えてきます。⑥がザ・リッツ・カールトンラウンジ&バーの位置です。

(リッツのHPから拝借しました。)

ロビーからの絶景も良いですが、ザ・リッツ・カールトンラウンジ&バーの景色も素晴らしいです。このラウンジの1番の御馳走は、この景色かもしれません。

トラディショナルアフタヌーンティー

ザ・リッツ・カールトンラウンジ&バーでの、アフタヌーンティーには、トラディショナル、ロイヤル(トラディショナルにシャンパンが付きます)、インドネシアンの3種類があります。友人夫婦はバリ在住ですから、インドネシアンではなく、トラディショナルアフタヌーンティーを選択。

トラディショナル アフタヌーンティー メニュー

dokikoとwakuo、友人夫妻の4名だったので、日本と同じ感覚で、アフタヌーンティーセットを2つ(紅茶も2人分付いてきます)と、別に飲み物を2つお願いしました。

友人夫妻との話に夢中で、アフタヌーンティーセットに手を付けた後の写真になってしまいました。3枚あるお皿の真ん中が、ずい分減ってます。

真ん中のお皿以外は、手付かずです。1番上がこちら。

これで、318,000ルピア(税金、サービス料別)。大きなポットにたっぷりの紅茶がついて、日本円だと3,000円弱でしょうか。まぁこの程度のお値段なら、と思いますでしょ。ですが、これ2セット分なんです。紅茶が2ポット付いてますが2セットで、6,000円弱。

wakuo
wakuo
高くね?
dokiko
dokiko
うん、これで1セットだと思ったもんね。2つ分のアフタヌーンティーが1台で来るとは思わなかった。

今は、超絶円が強いので、6,000円程度ですが、円が弱くなったら一気に7,000円、8,000円となってしまいます。

wakuo
wakuo
高くね。
dokiko
dokiko
高いよね~。

つきだしが美味しい

乗ってるスコーンやサンドイッチ、ミニケーキなどのレベルが高いかと言えば、普通。まずくはありませんが、美味しくて感激!という程ではありません。そして、凄く小さい。プチフールです。

つきだしで出される、こちらの3種のおつまみの方が個人的には好みでした。

紫色やシンコンなどのチップス、スパイシーでチョッと甘いピーナッツ、小さな豆が入ったクルプック(揚げせんべいみたいなもの)の3種です。

wakuo
wakuo
ちなみに少なくなると、お代わりは如何ですか?と聞きに来てくれます。アフタヌーンティーに比べ、ビンタンが55,000rp(税金サービス料別)というのはお安く感じます。
 

メニューなどは、こちら。

   

チェックアウト後に頂いたのは

チェックアウトの後も、デパーチャーラウンジRAKUを使わず、こちらで過ごしてました。

フレッシュと、チルドのマンゴジュースをオーダー。65,000rpと、55,000rp(共に税、サービス料別)でした。ジュースだけでも、つきだしを出してくれます。

dokiko
dokiko
メニューにフレッシュマンゴジュースは載っていませんが、聞いてみて下さいね。

やっぱり、吹き抜ける風が気持ち良いのよ。

夕暮れにビンタン飲みながら、海風に吹かれるのが、ザ・リッツ・カールトンラウンジ&バーでの正しい過ごし方じゃあ、ないかしらん。

by dokiko

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。