インド

【ファブインディア】デリーやチェンナイにもあるけど、バンガロールで行って来ました。石鹸や化粧品、通販もあるよ。

元々、インド綿で作られた服や刺繍が好きで日本でも良く購入しています。今回、インドで楽しみにしていたショッピング。泊まったホテルから歩いて行ける距離にファブインディアを発見。早速、いそいそと出かけました。

Fabindia(ファブインディア)外観

インドのニューデリーに本社を置いたファブインディアの取扱い商品は、衣服やアクセサリー、アーユルベーダ化粧品、オーガニック食品、更には家具にまで至ります。

今回、dokikoがお邪魔したのはバンガロールのこちらのお店。ホテルから10分程度でしょうか。

道路を隔てて、お洋服と雑貨&カフェの2店舗があります。お腹パンパンでしたので、カフェには、入りませんでしたが次回は是非トライしたいです。

Fabindia(ファブインディア)で購入したもの

セールのコーナーから、4着選びました。赤の被りワンピースが70%オフ、残り3枚は50%オフと格安で購入出来ました。

   

ファブインディアの洋服はとにかく涼しいです。お気に入りのPURIANIは、シルクの布地が汗を吸い取って気化熱を起こし、肌表面温度が下がります。

あわせて読みたい
【ウブドPURIANI】 美人オーナーのセレクトショップ/肌触りのよいシルクのお洋服が揃ってます毎年、欠かさずに通っているお店です。何年か前に、フラッと前を通りかかり、シワ加工された黒いシルクの被りものを購入。その後、愛用するように...

ファブインディアの洋服は、身体と洋服の間を風が通り抜けていく感じです。ですので、あんまりピッタリより、少し大きめの物がいいかもしれません。とっても涼しいです。

Fabindia(ファブインディア)店内

洋服は勿論、テーブルセンターやカーテン、ランチョンマット、家具やテーブル、チェア、ありとあらゆる家庭雑貨が展示してあります。

レストルームはこの奥にあります。ファブインディアの表示手前を左に曲がると直ぐカフェがあります。

今回は洋服しか購入しませんでしたが、オーダーカーテンなんかも、1週間程度の旅行であれば作れそうです。カーテンとテーブルセンターや、クッションカバーをセットで作るのもいいですよね。

Fabindia(ファブインディア)プライス

元々、お手頃価格ですが、更にセールの品を選びましたので格安の値段になりました。2019年4月現在1rpは、1.6円程度です。

2190rpの70%引きで、1,050円程。

2,190rpが半額で、1,750円程度。

1,490rpが50%引きで、1,200円程度。

これから、蒸し暑くなる日本で活躍してくれそうです。

Fabindia(ファブインディア)購入時の注意

色落ちが激しいです。他の洗濯物と一緒に洗わないで下さい。面倒臭いかもしれませんが、これを守らないと大変な事になります。ファブインディア同士の服でも色が違えば別々に洗わないと、色移りします。

ファブインディア詳細

デリーやチェンナイ、インド各地に店舗があります。バンガロールにも何店舗もありました。自分が宿泊するホテルから近いお店を調べたい場合は、グーグルマップで地名とFabindiaといれ調べると出てきますよ。

ホームページもあります。

Fabindia(ファブインディア)

日本でも、扱っているネットサイトはありますが、やはりお値段が・・・。インドが1番安いとは思いますが、今月行く、クアラルンプールでもお店があるようなので、お値段チェックしてきますね。

dokiko
dokiko
楽しみにしていたクアラルンプールでは着いた途端、空港で足を挫き、2日間部屋から出られず。残念ながら、ファブインディアにも行けませんでした。
ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。