インド

【ヒマラヤ化粧品】歯磨き粉(ニーム)は刺激的だわ

フェイスウォッシュに続き、今回はニーム入りの歯磨き粉のご紹介です。

ニーム

インドセンダン(印度栴檀、学名:Azadirachta indica)とはセンダン科の植物。インド原産の高木となる常緑樹で、熱帯地方全域に広く植樹されている。英名の「ニーム」で知られる。また、近年はその薬効の多さから「ミラクルニーム」という名称で流通している事もある。メリアアザジラクタの表記も用いられる。

種子に含まれるアザジラクチンという成分が虫除けに効果があるとされ、「ニーム・オイル」として利用されている。

また、ニームオイルを絞った後の種子は、ニームケーキとして流通しているが、これについても害虫忌避効果があり、更にセンチュウに対する防除効果もあり、更に放線菌を繁殖させ土を豊かに健康にする効果がある。

日本でもハーブの木として、苗木が市販されている。

ウィキペディアより

 

ニームの色がフェイスウォッシュより、リアルに反映されています。ネズミ壁色です(笑)なんか塗り壁を口の中に入れるようで、ためらわれますが、気にせずお使い下さい。

dokiko
dokiko
ニームのお茶があるんですが、その乾燥させた葉っぱの色そのままです。

お味はかなり刺激的です。辛いというのでしょうか。歯磨きが終わり、水ですすいだ後も、口内はおろか、口の周りや唇が、しばらく痺れた感じになります。

dokiko
dokiko
人によって、かなり苦手だと思います。友人は使用後、唇の皮が剥けた~~と言ってましたので、肌が弱い方は避けた方が無難かもしれません。
友人
友人
でも、大丈夫な人は大丈夫で、ブログでお勧めしている方もいらっしゃいます。お安いので1度は試してみても良いのではないでしょうか、ニームの歯磨き。
dokiko
dokiko
dokikoは大丈夫でしたよ~。

お値段がね、安いのよ。150gで、なんと80rp。(130円程度)

以前からニームはとても注目してましたので、ニームを使った製品となれば、1度は経験してみたくなるdokikoでした。まぁ、1度はね。

今のところ、ヒマラヤ化粧品の中で、超絶お勧め出来るのはフットクリームだけかなぁ。この歯磨き粉は使用感さっぱりで超お勧めという方もいますので、ものは試し。インドに行ったら探してみて下さいね。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。