-ホテル

【バリ島ヌサドゥア】満月前夜のリッツカールトンで、リアル・メガムゥンドゥンを眺めながらリンディックを聴く

ここバリ島では昨今、高級ホテルチェーンが立地と眺めの良い景観を競い合うようにして、新しい建物を作り続けています。

今回泊まったバリ島ヌサドゥアのリッツカールトン隣には、ケンピンスキーが2019年オープンしていました。

dokiko
dokiko
建設途中かと思ったら、そういうデザインらしい。遠くから見ると、ネオゴシック調にも見えます。
dokiko
dokiko
今思えば、お隣なんで、お茶だけでも飲みに行けばよかったですね。

リッツカールトン エントランス

実は、リッツカールトンも2009年までは、現アヤナリゾートのある場所にありました。

色々あって(ググッてみて下さいね)2014年に新生リッツとして、現在の場所に再オープンしました。

リッツカールトン 敷地内

間接照明が広大な敷地のあちらこちらで使われて、高級感を醸し出しています。

ちょっと古代の神殿みたいですよね。

リッツカールトンの敷地内にはチャペルがあります。昼間よりも夜の方が神々しく見えますね。ちょっとこの角度は宇宙船みたいに見えます。

ロマンティックディナーの後。

プールも夜は照明が当たり、昼間と違った表情を見せてくれます。中央の1番高い場所に光っているのがリッツカールトンのエントランス部分になります。

リッツカールトン エントランスからのバリの夜空

さて、そのエントランスから臨むバリの夜空です。この日は、満月前夜。大きな月がインド洋の水面に映ります。日本にいるときは忘れていますが満月の夜って明るいんですよね。

 

リッツのエントランスで、満月前夜の空を見上げ、変化していく流れる雲と月をしばらく眺めていました。

dokiko
dokiko
わぁ、リアル・メガムゥンドゥンだ~!凄いねぇ。
wakuo
wakuo
うん、この景色は一見の価値があるね。

メガムゥンドゥン

インドネシアの特産品バティック。ろうけつ染めされた布ですが、その中でもジャワ島の北、チレボンという町で作られる中国の影響を受けた図がメガムゥンドゥン。雲をイメージし何層にも重ねられた凝ったものですが、ここリッツカールトンの制服もその図案が取り入れられています。

時間が経つにつれ、更に雲はその姿を変えて行きます。

dokiko
dokiko
今度は飛ぶ、犬だ!

まるで犬の横顔のよう。刻々と姿を変えるメガムゥンドゥンにしばらく見とれていました。すると、どこからともなく、軽やかな音が聞こえてきます。

リッツカールトン エントランスに響くリンディックの音

音の元を辿っていくと・・・。

!リンディックです。

以前はウブドの街中を歩いていると、どこからともなくリンディックや、ガムランが聞こえていました。今では、ホテルの軒先でライブ等が行われ、そんな情緒のあるバリならではの音が聞こえなくなっていましたが、ここリッツでリンディックが聞けるとは。

ほんの少しですが、映像と音を残して来ましたので、バリの風を感じてください。

暗くなると、どこからともなく、このリンデックが聞こえてきます。

空には、メガムゥンドゥンが流れ、耳に入るのはリンディック。バリの心地よい時間が過ぎていきます。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。