-レストラン

【バリ島】リッツカールトン以外、朝食時からフリーでアルコールをたしなめるクラブラウンジを私は知らない

通常クラブラウンジって、決まったカテゴリーのお部屋に泊まらないと利用する事が出来ないんですよね。ですがバリ島のリッツカールトンは、どのお部屋に泊まっても、有料でラウンジアクセス権を付ける事が出来るのです。

その料金は・・・なんと1,400,000rp!

高額です。昨年までは、60$程度だと他の方のブログで拝見して、ラウンジ利用を決めていたのですが、2019年になって随分上がったんですね。悩みます。

dokiko
dokiko
60$だって悩んだ末に決断したのに、う~ん。

いくら日本円が強い現在でも、1,400,000rpとは・・・。マリオット会員でも1,100,000rp。税金を入れ日本円に直して10,000円。2泊すれば2人で40,000円。う~ん。

dokiko
dokiko
いつも泊まるウブドのテガルサリ6泊分代金と、ほぼ同じです。

今回はSPGカードの無料宿泊特典での予約ですので朝食が付きません。

高級リゾートホテルが連なるヌサドゥアでは、ホテルの外に気軽に歩いていけるようなお店がないのが常。今回のように2泊3日程度でしたら、ホテル内で全てを賄う事がホテルを楽しむコツでもあります。

しゃあない。

食事だけならラウンジアクセス無しでも十分ですが、ビールがぶ飲みが必須のwakuoの為に大枚はたきましょう。朝食時から、アルコールが飲める(ビールとワインのみですが)クラブラウンジっていうのも、あまり聞きませんしね。為替が良い時でないと出来ない事ですし、いっときましょう!

と、勇んでいたのですが、なんと今回、リッツカールトンさんのご厚意で、クラブラウンジのアクセス権を付けて頂きました。マリオットのゴールド会員&記念日という条件付きですが、有難いお申し出でした。

dokiko
dokiko
マリオットのゴールド会員は、クレジットカードのSPGアメックスに入会するだけで、無条件でなれます。
wakuo
wakuo
部屋もアップグレードしてくれたよ。
dokiko
dokiko
それは、又。

 

さて、それではリッツカールトン、クラブラウンジの朝食風景です。お楽しみください。

クラブラウンジ室内

入口にはレセプションがあります。ルームナンバーを告げてラウンジに入りましょう。すごく広いという訳ではありませんが、程良い大きさの心地よい空間が広がっています。

窓の外には屋外用のテーブルが用意され、クラブラウンジ専用プールの脇で食事する事も出来ます。

dokiko
dokiko
デイベッドや東屋からでも、クラブ内の飲み物がオーダーできます。デイベッドに横たわりながら本を読み、暑くなってきたらプールで身体を冷やし、ワインを口にするという大人なシチュエーションが叶えられます。

室内に戻りましょう。

ビュッフェ台の周りに席が設けられていますが、奥の方にも席があります。落ち着いて食事をしたいなら、そちらの方が個室感があるのでお勧めです。

まずは、1つ目。こちらは、テレビもありますね。

こちらは、2方向に窓があるコーナーです。自然な木材の形をいかしたテーブルの右側にdokiko達がいつも陣取っていたテーブルがあります。

3つ並んだ真ん中の席がお気に入りで、ラウンジにいる時は、いつもこちらで食事をしたり、お酒を飲んだりしていました。

dokiko達以外は、皆さんビュッフェテーブルの周りにいらっしゃいますので、常に独占状態。ゆっくり出来ます。

朝食時のみのオーダーメニュー

ビュッフェ台の他に、テーブルでオーダー出来るのがこちらのメニュー。

wakuoチョイスは、スクランブルエッグと

ビーフの煮込みに、角切りフォワグラと、ウズラの卵が乗ったもの。

レバーが嫌いなwakuoは、勿論フォワグラもNG。dokikoが有難く頂きました。

味見したところ、とても上手に作られていました。チョッと筋ばる部位も煮込まれて、ナイフがキレイに入るように仕上がっています。甘酸っぱいソースに上掛けされたオランデーズソースが更にコクを出し、よく合っています。本当は、フォアグラも一緒に食べた方が美味しいと思うんですけどね。

これ以上大きいと味が濃いので飽きてしまいそうですが、小振りのポーションなので最後まで美味しく頂けます。

dokikoがチョイスしたのは、ロブスターのスクランブルエッグ。

メニューには、トリュフと表示されていますが、ほとんど香らなかったなぁ。一口大のロブスターがコロコロとスクランブルエッグに入ってはいますが、ロブスターの甘みは感じられず。

次の日のwakuoセレクト。朝の定番、エッグベネディクト。

dokikoは、何だかんだ言っても、ロブスターのスクランブルエッグを再度オーダー。

今回は、ちょっとパンチを効かせたいので、チリ入りのソイソースをお願いしました。

ケチャップ アシン ボトン チャぺと言っても、出てきますよ。

ケチャップ アシン → 甘くない醤油

チャぺ      → 唐辛子

 

朝食時のビュッフェ台

南国らしいフルーツが、毎回少しづつ種類を変え、たくさん出されています。ドラゴンフルーツ、マルキッサ、パパイヤ、スイカなどなど。フルーツジュースやスムージーもザクザクと氷に刺されたディスプレイがGood!

葉もののサラダは白い蓋付きのお皿に入れられています。小皿にはトッピングがたっぷり。ナッツ類、コーン、チーズ、ベーコンビッツ、スライスされた野菜類。コールドミートもチキン、ビーフハムなど。チーズも毎回6種類と、サラダに合うラインナップ。

wakuo
wakuo
チーズはブリ―がお勧めだよ。

グリッシ―ニに、超カリカリクリスピーベーコンとチョイ柔クリスピーベーコン。ドーナッツにペストリー、バターやジャムもたっぷりです。

フライドライスやソーセージ、ベイクドビーンズ

ズッキーニや焼きトマト。飲茶も5種類。肉まんの他、下にはシューマイやエビ餃子が入っていました。

まだまだ、デザートなどもあり、写真に撮り切れないほどのラインナップ。朝昼晩と少しずつメニューは変わりますが、オーダーメニューの分、朝が一番ゴージャスかもしれません。

キッチンからの出入口前には、スタッフがいつもスタンバイして、宿泊客のオーダーを聞いています。

毎回ビュッフェ台から調達してくるのは、色とりどりのフルーツにたっぷりの野菜とフルーツジュース。温かい飲み物はジンジャ―ティー。

dokiko
dokiko
ああ、リッツのクラブラウンジに戻りたい。。。

美味しいです。

クラブラウンジよりも、朝食会場であるSENSESの方がメニューも豊富で広々としてはいるようです。ですが、ワサワサした大会場が苦手なdokikoのようなお年頃には、クラブラウンジの方が落ち着いて食事出来るのでお勧めです。

続けて、お昼、アフタヌーンティー、夕飯と、ご紹介しようと思ったのですが、長くなってしまいましたので、次回。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。