舞台

高橋一生出演【天保12年のシェークスピア】キャスト/上演スケジュール

友人は以前、高橋一生さんの舞台を観てました。しかも、シェイクスピアで女役!良かったよ~、と言っていたのを観に行かなかったdokikoは、ひがんで悔んでおりました。蜷川幸雄演出、から騒ぎ、ビアトリス役。え~ん、今聞けば何故行かなかったか悔やまれる。

今回は、しっかりゲットしました。天保12年のシェークスピア。

天保12年のシェークスピア

井上ひさしさんの戯曲で初演は1974年になります。

あらすじ

江戸末期、下総国の旅籠街・清滝村が舞台。旅籠(はたご)を仕切る老侠客(きょうかく)と三人の娘たちが、身代譲りを発端にした骨肉の争いを描く。

ウィキペディアより

キャスト

高橋一生 – 佐渡の三世次 役

浦井健治 – きじるしの王次 役

唯月ふうか – お光 / おさち 役

辻萬長 – 鰤の十兵衛 役

樹里咲穂 – お文 役

土井ケイト – お里 役

阿部裕 – よだれ牛の紋太 役

玉置孝匡 – 小見川の花平 役

章平 – 尾瀬の幕兵衛 役

木内健人 – 佐吉 役

熊谷彩春 – お冬 役

梅沢昌代 – 清滝の老婆 役

木場勝己 – 隊長 役

公演日程

2020年2月8日(土)~2月29日(土)

チケット代金

S席:13,500円
A席:9,000円
B席:4,500円
(全て税込)

チケット購入情報

東宝のホームページより購入情報がご覧いただけます。

天保十二年のシェイクスピア

 

 

高橋一生さんのインタビューも公開されています。

高橋一生さん演じる佐渡の三世次は、無宿の渡世人。顔に大きなやけどの痕があり片足が不自由だが、悪知恵に長けており、二組のヤクザの抗争を利用して出世を企むという役どころ。

見た目が醜い役処って言っても、そこは高橋一生さん。どんなにメイクしても地の顔立ちの良さは隠しきれません。普通の役より、癖のある役の方が一生さんには似合います。今回の役はうってつけですね。来年の舞台ですが、今からとっても楽しみです。

今週は菅田将暉さんのカリギュラも待ってるしね。ウキッ!

あわせて読みたい
【菅田将暉 カリギュラ】東京、久留米、神戸、仙台と全て完売!後は当日券のみdokikoは、ホリプロで売り出された時に申し込みしましたので、どうにかチケットを確保出来ました。ですが残念ながら前売り券は、東京、久留...
ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。