バンコク

【フェニックスホテル】その他の部屋を覗かせて貰いました

フェニックスホテルに泊まって、とても満足したdokikoは、他の部屋も見てみたくなりました。このホテルは1泊のみ泊まる方が多いようで、午前中は扉を開けたまま、お掃除している部屋が多いです。

そこで、スタッフにお願いしてお部屋を覗かせて貰いました。

3号館(本館)2階ツインルーム

3号館(本館)の2階のお部屋です。

部屋のナンバープレートが可愛いですね。

部屋の中もいい感じです。狭さはdokikoの部屋と同じですが、1泊だったら十分ですね。

3号館(本館)2階ダブルルーム

ベッド上のライティング色が違いますね。こちらはダブルベッド。

覗かせて頂いた限りは、dokikoが泊まった部屋と変わらずキレイで、清潔感もあります。装飾はこちらの方が可愛いんですが、部屋のカギは古いタイプ。白いドアも年季が入っているのがわかります。

2号館 カーキー

dokikoの部屋はカードキーでした。

(ポストイット付きっぱなしですが)dokikoの部屋の方が装備は新しそうです。

廊下が明るいのは、dokikoが泊まった方の建物。

3号館 1階廊下

下の写真は、本館1階廊下です。比べると暗いのわかります?こうして見ると、幅も狭いですね。

フェニックスホテルは、案内表示など、ホテル内のデザインが凄く可愛いです。

一目見れば分かるレストランのトイレ表示。

3号館(本館)4階

このフロアの部屋番号は、3401~3409。4階です。

ふむ。

dokikoの泊まった部屋は、別棟3階でルームナンバー2301。本館4階は、上記のように3401と、3から始まる。という事は、元々現在の本館は3号館で、dokikoの泊まっている部屋の建物は2号館だったのではないでしょうか。

そして、もしかしたら、お散歩の時に見掛けた今は稼働してなさそうなフェニックスホテルの建物が1号館だったのかもしれませんね。

そうするとadodaで、見掛けた散々な口コミも理解出来ます。

2号館は工事中

特にdokikoが泊まった建物は、2階と3階以外は工事中。

dokiko
dokiko
この旅の最終日、再度このフェニックスホテルに舞い戻るはめになるのですが、その時はこの部分は板で塞がれていました。

朝の10時過ぎると、トンテンカンテン、ドドドドド!と、大音量が始まりました。

カードキーで、部屋も新しいのに、本館よりも安い理由はこれだったのかもしれません。空港へのシャトルバスを前倒ししてホテルを後にしました。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。