バンコク

ワットアルンの夜景がバッチリ見えるホテル~サラアルン~お部屋編~

2020年5月11日現在、新型コロナウィルスは世界中で猛威を振るっています。又、近い未来に自由に海外旅行が楽しめるように、今はStay home!おうちで、エアトリップをお楽しみ下さい。

 

前回はサラアルンへのアクセスをご紹介をしました。

あわせて読みたい
ワットアルンの夜景がバッチリ見えるホテル~サラアルン~アクセス編 2020年5月6日現在、新型コロナウィルスは世界中で猛威を振るっています。又、近い未来に自由に海外旅行が楽しめるように、今は...

実際の夜景、昼間の風景はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
ワットアルン(わっとあるん)の夜景を心行くまで眺められるのは、サラアルンしかないね 2020年5月2日現在、新型コロナウィルスは世界中で猛威を振るっています。又、近い未来に自由に海外旅行が楽しめるように、今はSt...

今回はサラアルンの館内、室内をご紹介します。

サラアルン

dokikoが泊ったのは、2階のChiangsan。

扉を開くとこんな感じです。

窓からは、ワットアルンが見えます。窓の前にはカウチが置かれています。いい感じです。

程良い大きさの部屋に、ベッドはダブル。最後の1部屋でした。

ベッドの前にはTVと棚。

ベッドサイドのバックボードにはランプが備えられています。

お水、コーヒー、紅茶、カップ、ポットが置かれています。

お水は2本。ドリップコーヒーは3つ。その他紅茶もティーバッグがありました。

 

この下に冷蔵庫があります。

バスルームは洗面台が素敵でした。横に飾ってあるのはスプレー菊のように見えましたが・・・違うのかな。

バスタブがないお部屋でしたが、1泊でしたら十分。ただ、水捌けが悪かったなぁ。年季の入った建物ですので、それはしようがない。

ガウンも用意されていますが、重い!結局、1度も袖を通さず。バスタオル、タオル、フェイスタオルも、それぞれ2枚ずつ。

サラアルンは、その調度品が素敵でした。ドアの取っ手や

部屋のディスプレイも、こじんまりと品良くまとまっています。

バスルームの洗面ボール。ちょっと天目茶碗を思い出すような風情です。

 

古い建物にはエレベーターはありません。ギシギシ言う階段だけ。ですが、それもサラアルンの雰囲気を壊すものではありません。かえって良し。

屋上に向かう螺旋階段です。この上には、ワットアルンの景色が最高なレストランがあります。螺旋階段はこれだけ何ですよね。ここから、ちょっと違う世界に向かうよ的な雰囲気があり、ステップを踏むのもドキドキします。

フロアのディスプレイ。ゾウさんの足が長くてダリみたいね。

朝食はこちらの1階のレストランでいただきます。

古めかしさが味になっているdokiko的には好みのホテルでした。

サラアルン アクセス

詳細は下記グーグルマップをクリックしてみて下さいね。

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。