バンコク

【1度は行っとけ!アイコンサイアム】フリーシャトルボートでのアクセス方法をご紹介!バスもあるよ

現在、アイコンサイアムは臨時休業しています。タイでもコロナウィルスは、猛威を奮って各所で影響が出ています。早くこの状況が改善されるよう、自分に何が出来るか考えて行動していきたいと思います。

バンコクの巨大ショッピングモール、アイコンサイアムに行って来ました。モール内には川が流れ、タイの水上マーケットが作られていました。涼しい中で、タイの観光風景が垣間見られる上、タイの有名ブランドも網羅され1日いても飽きません。

そんなアイコンサイアムに船を利用して行って来ましたので、アクセス方法をご紹介します。

アイコンサイアムへのアクセス

BTSサパーンタクシン駅に向かう

まずは、BTSサパーンタクシン駅に着いたら、2番出口方面に向かって下さい。

途中、案内表示があります。

上から3番目にアイコンサイアムの表示がありますね。

2番出口にたどり着いたら、階段がありますので、そのまま降りて下さい。

後は、道なりに歩いて行くと、シャトルボート乗り場に出ます。

右側、人が並んでいる方ですね。

この表示がある場所の列に並んでいれば間違いありません。8:30~23:30まで就航しているようですね。

有料ボートのチケット売り場。

更に進みます。先程のアイコンサイアムの列に並んでいれば大丈夫。

こちらも有料ボートのチケット売り場です。これも過ぎます。

たくさん人が降りて来ましたね。降りてきた、そのボートに乗り込みましょう。

立っててもいいですが、結構揺れますので着席した方が安心です。

シャトルボートでのショートトリップ。アイコンサイアムが見えて来ます。

帰りのボートもここから出ます。覚えておいて下さいね。

早速、アイコンサイアムに入りましょう。チャイニーズの旧正月の飾り付けになっています。タイでも中国からの観光客は無視できないようですね。

フリーシャトルバスで帰って来ました

行きはフリーシャトルボートで辿り着きましたが、帰りはバスを利用してみました。正面玄関を出ると、こんな案内があります。矢印が見えますか?

この矢印の方向を見ると、タイミング良くバスが来てましたので、急いで乗りこみます。

車体には大きくアイコンサイアムの表示がありますね。

日本のバスと違って揺れが激しいです。出来るだけダッシュで座りましょう!

行きあたりばったりで、シャトルバスに飛び乗った為、どの駅で降りるかわかりませんでしたが、乗客がたくさん降りる駅で真似して降りました。付いていくとBTS Krung Thonburi 駅に着きました。この後、Wongwian Yai 駅を経由してアイコンサイアムに戻るようです。

詳しくは公式ホームページをご覧下さいね。

アイコンサイアム アクセス

ABOUT ME
dokiko
dokiko
おいしいものが大好きな東京在住フィフティーズ。バブル前夜に社会人になったワタクシdokiko。華やかな時代から、泡がはじけて、ずいぶんたった現在も、どこか能天気が抜けません。ただし、気付いた事もあります。毎日がハレの日では、身が持たん!金銭的にも肉体的にも!!最近では、金額的なコスパだけではなく、時間や精神的な余裕も加味したコストパフォーマンスを追求する日々。東京を中心に国内、海外を徘徊しているこのブログですが、宜しければお付き合い下さいませ。